ボストンテリア しつけ

ボストンテリアの性格

ボストンテリアは、優しくて知的な性格をしています。

 

攻撃性などもほとんどなく、陽気な性格と言ってよいでしょう。

 

落ち着きがあり友好的な性格なので、番犬としては向きません。

 

たまに、物事にやけに熱中したりする行動を取ることがあります。

 

ボストンテリアの、テリアの血統がそうさせるのかも知れません。

 

 

ボストンテリアの散歩

ボストンテリアの散歩ですが、大きさにより散歩量が変わってきます。

 

体重により3つのタイプに分けらるのです。一番小さいタイプのライトですと、朝夕に20分程度の散歩をしてあげた方がよいでしょう。

 

ミドルとヘビーのボストンテリアには30分程度の散歩を1日に2回ほど行うようにしてください。

 

尚、夏は熱中症に気を付けて、冬は寒さ対策のために防寒具も必要です。

 

ボストンテリアに合った、服を着せて散歩をするようにしてください。

 

 

ボストンテリアと熱中症

 

ボストンテリアは、鼻が詰まっているために暑さに弱いのです。

 

熱中症になりやすい体質と言えるでしょう。

 

真夏での、日中の散歩などは危険な場合も多々あるのです。

 

車内で閉じ込めるような事もしないでください。熱中症で最悪、死にいたることもあります。

 

室内の場合でも、エアコンによる温度管理はしてください。

 

ボストンテリアを飼う上で、暑さ対策と寒さ対策は必須です。

 

 

ボストンテリアの飼いやすさ

 

ボストンテリアの飼いやすさですが、毛に関して言えば楽な方だと言えます。

 

抜け毛はややありますが、獣毛ブラシなどで毛の艶出しや皮膚を活発にするためにブラッシングをしてあげてください。

 

先にも、お話しましたが、暑さや寒さ対策はしてあげてくださいね。

 

ボストンテリアの室内犬は、冬になるとコタツの中が大好きだと言う事も珍しくありません。

 

 

ボストンテリアのしつけ方

 

ボストンテリアのしつけですが、訓練されたりするのは、好きな方ではありません。

 

遊びは好きなので、遊びの中にしつけや訓練も混ぜて行うとよいでしょう。

 

ボストンテリアは、しつけにご褒美を付けると効果的です。

 

少しでも、出来るようになればご褒美をあげるようにしてください。

 

もちろん、食事の前には「おすわり」や「まて」などの基本的なしつけは忘れないでください。

 

しつけや訓練は、ボストンテリアの性格を考えると短時間集中にした方がよいでしょう。

 

暑さ、寒さなどの対策もありますが、ボストンテリアは普段は温和で優しい性格です。

 

しっかりとし付けて、末長く可愛がってあげてくださいね。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ボストンテリア関連ページ

ゴールデンレトリバー
ゴールデンレトリバーのしつけ方や性格・育て方などを紹介します。
ラブラドールレトリバー
ラブラドールレトリバーのしつけ方や性格を紹介します。
アメリカンコッカースパニエル
アメリカンコッカースパニエルの性格やしつけ方を紹介します。
フラットコーテッドレトリバー
フラットコーテッドレトリバーのしつけ方や性格を紹介します。
イングリッシュコッカースパニエル
イングリッシュコッカースパニエルの性格やしつけ方を紹介します。