ダルメシアン しつけ

ダルメシアンの性格

ダルメシアンは、飼い主に対しては忠誠度が高い性格をしています。

 

しかし、ダルメシアンは遊び好きで好奇心旺盛です。

 

また、のんきな性格でもあり、じっとしていることに苦痛を感じたりもします。

 

体力もあるので、毎日、それなりの散歩などの運動も必要になるでしょう。

 

疲れを知らないようなやんちゃな子どもと遊ぶのも好きですが、小さなお子さんの場合は、ダルメシアンのパワーに圧倒されてしまうはずです。

 

それでも、ダルメシアンは好奇心旺盛で活発な性格と言えるでしょう。

 

黒ぶちのカラーはインパクトがありますね。

 

 

ダルメシアンのしつけ方

ダルメシアンのイメージは、遊び好きで自由なイメージがあるのではないでしょうか?

 

しかし、実際のダルメシアンはしつけられたり訓練したりすうのを苦にしません。

 

どちらかと言えば、しつけなどは覚えるのも早く賢いタイプの犬種です。

 

もちろん、しつけにあたってはご褒美目当てでやっている所も否定は出来ません。

 

訓練というよりも、飼い主と遊び感覚で出来る場合が多いです。

 

色々と一度にしつけをしようとすると、あれこれやってしまい逆効果となります。

 

よって、ダルメシアンのしつけは一つずつ確実にやっていくようにしましょう。

 

子犬のうちからしつけるようにしましょう。

 

尚、散歩については大変かと思いますが、1日1時間ほどを2回やって欲しいです。

 

体力があるので、ドッグランなども合わせて行うことをお勧めします。

 

 

 

 

ダルメシアンの色について

 

ダルメシアンと言うと、黒の模様が特徴的です。

 

しかし、出産したばかりの子犬は黒模様がありません。

 

ダルメシアンは、出産後3ヶ月位すると、黒の模様が出始めます。

 

 

ダルメシアンの歴史

 

ダルメシアンの歴史ですが、古代エジプトの壁画にダルメシアンらしき犬が既に描かれています。

 

他にも、1300年頃のイタリアの壁画にも描かれているのです。

 

このようにダルメシアンは歴史的な犬?とも言えます

 

やっぱり、あの白と黒の模様と忠誠心の高さが世界中で愛されていたのかも知れません。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ダルメシアン関連ページ

ビーグル
ビーグルのしつけ方や育て方などを紹介します。