ビーグル しつけ

ビーグルの性格

ビーグルの性格は温厚と言えるでしょう。

 

しかし、騒々しい一面や食いしん坊になることが多いです。

 

ビーグル犬の人気は、スヌーピーの漫画で出たと言ってもよいでしょう。

 

スヌーピーの知名度もあり世界規模で愛されていると言えます。

 

可愛らしいしぐなども人気です

 

 

ビーグルの鳴き声

 

ビーグルで問題になることが多いのが、鳴き声です。

 

かなり響く声をしています。マンションなどでは、近所迷惑になる場合もあります。

 

信じられないかも知れませんが、ペットOKのマンションでもビーグルはダメというマンションもある位です。

 

近所迷惑のことも考えて、無駄吠えさせないようにしっかりとしつけをする必要があります。

 

無駄吠え対策は、ビーグルを飼育する上で必須です

 

 

ビーグルのしつけ

 

ビーグルのしつけや飼育をお教えします。

 

ビーグルは多くの場合が、食いしん坊です。

 

食べ過ぎてしまい太ってしまうことも少なくありません。

 

年齢を重ねると、散歩に行こうともしなくなります。

 

毎日、2回、30分程度の散歩を行いたいものです。

 

ビーグルが食欲不振の時は、体のどこかに異常がある可能性もあります。

 

獣医などへの相談も考えましょう。

 

 

ビーグルの散歩

 

ビーグルの散歩についてですが、つねに地面の臭いを嗅いでいることが多いです。

 

地面の匂いが好きなので、ストレス発散にはなります。

 

しかし、地面の臭いばかり嗅いでいてもあまり運動にはならない場合があるのです。

 

軽いジョギング程度の運動をすると効果的と言えます。

 

 

 

ビーグルの飼いやすさ

 

ビーグルの飼いやすさですが、毛の手入れなどは、余り手間がかからないと言えます。

 

しかし、冬から春にかけての換毛期には多くの抜け毛が出るのです。

 

この時期は、抜け毛の除去を考えた上でこまめなブラッシングが欠かせないと言えるでしょう。

 

秋から冬にかけての下毛が増える時期には皮膚を活性化してやる必要があります。

 

獣毛ブラシでマッサージするようにブラッシングしてあげてくださいね。

 

ビーグルは臭い追跡が得意で、温厚な犬です。

 

しっかりと可愛がって、家族の一員にしてあげてくださいね。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ビーグル関連ページ

ダルメシアン
ダルメシアンのしつけ方や性格などを紹介します。