四国犬 しつけ

四国犬の性格

四国犬は、もちろん日本の四国が原産地です。正確に言うと、高知県の山岳地帯辺りに生息していました。

 

日本に古来からいて猟犬などとしても活躍していたのです。

 

性格としては、飼い主に対する忠誠心が高いと言えます。忠誠心が高いだけでなく忍耐力も兼ね備えているのです。

 

しかし、四国犬が猟犬として活躍していた頃は、飼い主以外には心を許さず家族にも心は許さないとされていました。

 

現在では、家庭犬として飼われることで性格も丸くなりましたが、まだ野生が残っていて必ずしも飼いやすい犬だとは限りません。

 

性格的に、散歩などで他の犬と会った時に、注意した方がよいでしょう。

 

四国犬が攻撃的になることも十分に考えられます。

 

 

四国犬のしつけ方

四国犬ですが、それほどしつけやすい犬ではありません。

 

まず飼い主には忠誠心が高いと言えますが、性格的に攻撃になることが多いからです。

 

しかし、昔は熊と勇敢に戦っていたような犬なので、戦闘力はかなり高いと言えます。

 

子犬の頃から上手に育てることが出来れば、かなり勇敢な犬になることも可能でしょう。

 

しかし、しつけを間違えると、ただ凶暴な犬になってしまうこともあります。

 

四国犬の場合は、子犬の頃から人間との上下関係などもしっかりとしつける必要があるでしょう。

 

子犬の頃から、散歩などを通して社交性なども身につけた場合は、非常に優しい犬になる場合もあるようです。

 

初心者には、しつけに手を焼く部分もあるかも知れません。

 

尚、日本に元々住んでいた犬なので健康管理がしやすいなどの利点はあります。

 

 

四国犬と土佐犬

 

四国犬という名前よりも土佐犬という名前の方が有名かも知れません。

 

四国犬は以前は、土佐犬という名前でした。

 

土佐犬という名前の時には、1937年に国の天然記念物に指定されたこともあります。

 

土佐犬と言うと、闘犬というイメージがある人も多いかと思うのです。

 

闘犬目的で、四国を基礎に改良された土佐犬との名将の混乱を避けるために「四国犬」という名前が付けられたのです。

 

今では、四国犬と言う名前がだいぶ定着してきましたね。

 

 

四国犬の飼いやすさ

 

四国犬の飼いやすさですが、主人に対しては忠誠心が高いですが、性格的にも飼いやすい犬とは言えません。

 

友好度が低い場合もあり、さらに訓練自体が苦手な所もあるのです。

 

忍耐強い犬ではありますが、四国犬は初心者向けの犬とは言えないでしょう。

 

しかし、日本の山岳地帯にいたため寒さに強く日本の気候によく適合しています。

 

四国犬の健康管理についてはトップクラスのレベルにあるはずです。

 

日本人にも本来馴染み深い犬になるでしょう。子犬のうちからしつけや散歩をしっかりと行い優秀な犬に育てましょう。

 

愛情を持って接してあげてくださいね。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

四国犬のしつけと性格関連ページ

ポメラニアン
ポメラニアンのしつけ方をや性格、育て方なども合わせて紹介します
柴犬
柴犬のしつけについて紹介します。性格や育て方も合わせて解説します。
シベリアンハスキー
シベリアンハスキーのしつけ方や性格を紹介します。
日本スピッツ
日本スピッツのしつけ方を紹介します。
バセンジー
バセンジーのしつけ方や性格を紹介します。
甲斐犬
甲斐犬のしつけ方や性格を紹介します。
チャウチャウ
チャウチャウの性格やしつけ方を紹介します。中国3000年の歴史を歩んだ犬です。