チャウチャウ

チャウチャウの性格

チャウチャウは、一時日本でもブレイクしたことがあり、その時はかなり人気がありました。

 

性格的には警戒心が強く神経質です。どちらか言えば、大人しい性格と言えるでしょう。

 

しかし、飼い主や家族に対していは信頼して接してくれる犬種です。

 

チャウチャウは、健康管理がしにくいことやしつけられたりするのも得意ではありません。

 

初心者には向かない犬種とされています。原産国はもちろん中国です。

 

価格は12万から20万位が相場となります。

 

 

チャウチャウのしつけ方

チャウチャウは原産国は先のお話したように中国です。

 

3000年前から存在が確認されている歴史ある犬種となります。

 

狩りやソリ引きなどでも活躍しましたが、食用犬として飼育されていたという歴史もあるのです。

 

しつけられたりするのもあまり得意ではありません。しかし、子犬のうちから基礎的なしつけはマスターさせておきましょう。

 

子犬の頃から運動量が少なかったり食生活などに問題があったりすると肥満体質になりやすい傾向があります。

 

肥満体質になると、股関節などの病気になりやすく注意が必要です。

 

散歩に対しては、1日30分を2回ほどやるようにしてください。

 

神経質な性格もありチャウチャウはしつけにくいと感じる場合が多いです。

 

 

チャウチャウの飼いやすさ

 

チャウチャウですが、ムクムクの毛でぬいぐるみのようなチャウチャウは抜け毛問題がもちろんあります。

 

定期的なトリミングも欠かせません。

 

性格的にも神経質な性格なので、視界の外から突然近づいたりすると、とっさに攻撃的になる場合もあります。

 

見た目は愛くるしい可愛い感じがするのですが、チャウチャウの性格も熟知して飼うことが大事です。

 

尚、チャウチャウは寒さには非常に強いと言えます。

 

 

チャウチャウの外見

 

チャウチャウの外見についてです。たまにですが、思ったのと違う感じがすると言う方がいます。

 

チャウチャウは子犬の頃は分かりませんが、成犬になると、そこらへんの雑種と違いが分からないと感じる場合もあるのです。

 

両親と似たような外見になることが多いので、子犬を購入する時に両親の外見もチェックしておいた方がよいでしょう。

 

ただし、飼い始めると「うちの犬が一番可愛い」という具合になりやすい事実もあります。

 

中国3000年の歴史ある犬です。神経質な性格と警戒心も強く飼いにくさもあるかと思いますが、しっかりとしつけて教育してあげましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

チャウチャウ関連ページ

ポメラニアン
ポメラニアンのしつけ方をや性格、育て方なども合わせて紹介します
柴犬
柴犬のしつけについて紹介します。性格や育て方も合わせて解説します。
シベリアンハスキー
シベリアンハスキーのしつけ方や性格を紹介します。
日本スピッツ
日本スピッツのしつけ方を紹介します。
バセンジー
バセンジーのしつけ方や性格を紹介します。
甲斐犬
甲斐犬のしつけ方や性格を紹介します。
四国犬
四国犬のしつけと性格を紹介します。四国犬は、日本に古来からいる犬です。どのように接するのがよいのでしょうか?