バセンジー しつけ

バセンジーの性格

バセンジーは近年、人気が急上昇しています。

 

性格的にはかなりマイペースでしつけやトレーニングもあまり好みません。

 

しかし、飼い主に対しては甘えん坊で、見知らぬ人には警戒心が強い性格です。

 

見知らぬ人に対しては、攻撃的になったり吠えたりすることもあります。

 

おでこにしわが寄っていて、困っているのか怒っているのか分からない表情も多いです。

 

見知らぬ人に対しては無表情にもなりやすいと言えます。

 

バセンジーは、ミステリアスで謎が多い犬とも言えるでしょう。

 

吠えないと言われているアフリカの原始的な犬です。原産国は中央アフリカの地域となります。

 

 

 

バセンジーのしつけ方

バセンジーのしつけ方ですが、しつけに関して難しい犬と言えるでしょう。

 

しつけは、もちろん訓練も好きではありません。

 

しかし、子犬のうちから最低限のしつけだけはしておきたいところです。

 

尚、散歩に関しても1日に2回30分程度の散歩が理想となります。

 

散歩を通して社会性も養う必要があるのです。

 

 

バセンジーの飼いやすさ

 

バセンジーの飼いやすさですが、アフリカと日本の気候の差なのか飼いにくい部分があります。

 

例えば、アレルギーや貧血、下痢などが起こりやすいです。

 

健康管理が難しい犬でもあります。よって、健康診断を定期的に行うようにしたいところです。

 

 

バセンジーの歴史

 

バセンジーは、歴史ある犬です。アフリカの王様であるファラオにバセンジーを献上したなどの記録もある位です。

 

古代エジプトの遺跡から出土した美術品にもバセンジーらしき犬が描かれています。

 

19世紀にイギリスの調査団がアフリカを訪れて、イギリスに連れ帰ったことで有名になりました。

 

 

バセンジーは、歴史ある犬だと言うことが分かってくれたと思います。

 

しつけが難しいなどの問題もありますが、正しいしつけ方が分かっていれば、それほど苦にもならないでしょう。

 

マイペースで甘えん坊な犬となりますが、しっかりと子犬のうちからしつけて可愛がってあげてくださいね。

 

社交性や友好度がバセンジーは高いので、上手くしつけが出来ればかなり理想的な犬となるでしょう。

 

バセンジー関連ページ

ポメラニアン
ポメラニアンのしつけ方をや性格、育て方なども合わせて紹介します
柴犬
柴犬のしつけについて紹介します。性格や育て方も合わせて解説します。
シベリアンハスキー
シベリアンハスキーのしつけ方や性格を紹介します。
日本スピッツ
日本スピッツのしつけ方を紹介します。
甲斐犬
甲斐犬のしつけ方や性格を紹介します。
チャウチャウ
チャウチャウの性格やしつけ方を紹介します。中国3000年の歴史を歩んだ犬です。
四国犬
四国犬のしつけと性格を紹介します。四国犬は、日本に古来からいる犬です。どのように接するのがよいのでしょうか?