ポメラニアン しつけ

ポメラニアンの性格

ポメラニアンは、日本では人気のある犬です。

 

ポメラニアンの性格は、活発な性格で学習意欲も高いと言えます。

 

わがままで自分の思い通りにならないと、怒りっぽくなるという一面もあるのです。

 

好奇心旺盛で、注意深いところもあり不審な物音や人物にも吠えて反応したりします。

 

相手を威嚇したりもしますが、少しずつ後ろの後退する臆病な面もあるのです。

 

性格的に、頑固な所もあり育て方やしつけなどで難しい面もあります。

 

ポメラニアンの被毛は一般的に、オレンジやクリーム色ですが、黒やブルーなどの色もあるのが特徴です。

 

 

ポメラニアンの飼いやすさ

 

 

ポメラニアンの飼いやすさですが、性格的に難しい面もあり初心者であればよく、しつけについて勉強した方がよいでしょう。

 

熱さにも弱いので、夏などは熱中症にも気をつけたいところです。

 

夏は被毛を短くカットした方が良い場合もあります

 

ポメラニアンの散歩については、短時間の運動でも十分です。

 

しかし、決まった時間に散歩に行く習慣をつけてしまうと、その時間になると吠えて催促することもあります。

 

散歩の時間はばらしておいた方が、無駄吠え防止にもなって良いでしょう。

 

 

 

ポメラニアンのしつけ

 

ポメラニアンのしつけですが、性格を上手に利用するのがコツとなります。

 

元々、学習意欲や好奇心を上手く利用するのがポイントです。

 

頑固な性格もあるので、繰り返しやらせたりすると癇癪を起すこともあります。

 

しつけや訓練のコツは、短時間集中で行うがコツです。

 

ポメラニアンは体が華奢で骨が弱く落下事故などで、骨折する場合が多々あります。

 

しつけなどでも気をつけたいところです。

 

 

 

ポメラニアンの病気

 

ポメラニアンの病気として、涙がいつも出ている状態である「涙流症」がが多くあります。

 

毎日、目元は清潔にしておく必要があるのです。

 

早い段階で、歯がぬけ落ちやすいなどの特徴もあるので、歯のメンテナンスには気を使うようにしてください。

 

健康管理が全体的に難しかったり、ポメラニアンは性格的にも難しい部分があるので

 

犬を飼う初心者であれば、それなりの勉強が必要だと言えるでしょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ポメラニアン関連ページ

柴犬
柴犬のしつけについて紹介します。性格や育て方も合わせて解説します。
シベリアンハスキー
シベリアンハスキーのしつけ方や性格を紹介します。
日本スピッツ
日本スピッツのしつけ方を紹介します。
バセンジー
バセンジーのしつけ方や性格を紹介します。
甲斐犬
甲斐犬のしつけ方や性格を紹介します。
チャウチャウ
チャウチャウの性格やしつけ方を紹介します。中国3000年の歴史を歩んだ犬です。
四国犬
四国犬のしつけと性格を紹介します。四国犬は、日本に古来からいる犬です。どのように接するのがよいのでしょうか?