ダックスフンド しつけ

ダックスフンドの種類

ダックスフンドは、愛犬ブームを引率してきたと言ってもよいでしょう。

 

スタンダードダックスフンドをウサギなどの小動物を捕まえるために小型化されたのが、ミニチュアダックスフンドです。

 

あの体型で、本当に小動物を捕まえることが出来るのが疑問に感じる方もいるようですが、穴に入っていき小動物を捕まえることは出来ます。

 

スタンダード、ミニチュア、カニヘン、などの種類があります。カニヘンが一番小さい種類です。

 

欧州などでは、胸囲の長さで分けられるのが一般的となります。

 

 

ダックスフンドの性格

 

ダックスフンドの性格ですが、毛質によって若干性格が異なりますが、基本的には飼い主が好きで陽気で活発な性格をしています。

 

初心者にも飼いやすさではお勧めです。

 

日本では、ロングコートのミニチュアダックスフンドが一番の人気を集めています。

 

ダックスフンドのスムースコートになると、活発ではありますが、気の強い部分も目立つこともあるのです。

 

ワイヤーコートのダックスフンドになると、かなり気が強く、体は小さくても見知らぬ人に向かっていったりもします。

 

 

 

ダックスフンドの飼いやすさ

ダックスフンドは、飼いやすい犬になるのですが、注意しなければ行けないところがあります。

 

胴長短足の体型から背骨を傷めやすく、ひどくなると椎間板ヘルニアを発症することもあるのです。

 

椎間板ヘルニアになる原因としては、太り過ぎややせ過ぎがあります。他にも、激しい運動をしすぎると発症することもあるのです。

 

 

 

ダックスフンドのしつけ方

 

ダックスフンドのしつけ方やトレーニングで注意しなければいけないのが、体型から来る病気です。

 

太り過ぎると同周りの体重が背中に負担をかけます

 

やせ過ぎてしまうと、筋肉の衰えから椎間板ヘルニアになってしまうこともあるのです。

 

運動や散歩の時などにも、高い所からの飛び降りる行為などもヘルニアの原因になります。

 

ダックスフンドをしつける時には、胴長短足の体型を考慮して無理はさせないようにしましょう。

 

特に、食事量のバランスには気を付けて、食べ過ぎ、少な過ぎには気を付けてください。

 

ダックスフンドはやや神経質な一面もありますが、チワワに比べてしつけはしやすいと言えます。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。