犬同士の不仲について

犬同士の不仲について

子犬の頃は仲良しだったのに

 

犬同士の関係で子犬の頃は仲良しだったのに、大人になって仲が険悪になる場合が実際にあります。

 

段々と距離を置くようになり険悪になったことを察知すると飼い主は心配になったりするわけです。

 

この場合ですが、犬の事情により険悪になってしまうこともあります。

 

その犬特有の性質などで、どうしようもない場合もあるのです。

 

例えば、シェパードあたりは、遊ぶときに相手に飛びかかるような姿勢を取ることがあります。

 

シェパードと言う犬は元々、羊をまとめる仕事をしていました。

 

そのため、羊たちをまとめるためにこうした習性が残っているとされています。

 

他にも、ボーダーコリーの場合であれば、他の犬の前に回り込んだりしたりすることもあるのです。

 

ボーダーコリーの場合だと、羊を追いこむ仕事をする犬でした。

 

そのため無意識で犬の前を遮ってしまう事があるのです。

 

犬同士だと、相手の習性などを理解出来ないために、やられた犬は「苦手だな〜」と感じたりして距離を置くようになります。

 

この場合は、効果的な訓練を施せば克服出来ますが、普通の飼い主では改善は難しい場合も多いです

 

犬の遺伝子が持っている本能が原因で子犬の時は仲良しだけど、大人になると不仲になることも少なくありません。

 

 

 

性の成熟により不仲に

 

人間もそうですが、犬であっても性に対する意識は子犬と大人の犬では全然違います。

 

オスの場合であれば、より魅力的なメスをゲットするために自分を他のオスよりも強く見せようとするところがあるのです。

 

これを止めさせようとしても、普通の犬の本能の行為なので止めさせることが難しいと言えます。

 

しかし、明らかに犬同士の体格が違っていたり、上下関係がはっきりしていれば争ったりは基本的にしません。

 

それでも、実力が伯仲してしまうと、ライバル心をメラメラと燃やしてしまうわけです。

 

自分の強さをアピールしたいがために、攻撃的になることも少なくありません。

 

犬同士が不仲であっても、大人の犬の事情がそうさせている場合も少なくないです。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

犬同士の不仲について関連ページ

犬が吠える理由
犬が吠える理由を紹介します。散歩などに連れて行っても犬が吠えて困っていないでしょうか?
犬同士の遊びについて
犬同士の遊びについてです。犬同士遊ばせることは大事なのでしょうか?
犬の相性について
犬の相性や性格について解説します。犬同士でも相性ってあるのでしょうか?
先住犬と子犬について
先住犬と子犬の相性で悩んでいませんか?2匹目を飼いたいけど仲良くするか心配な飼い主もいるのではないでしょうか?
犬の発情期について
犬の発情期について解説します。オスとメスでは発情期はどのように違うのでしょうか?
犬の去勢について
犬の去勢について考えてみたいと思います。去勢をすることで大人しくなったりするのでしょうか?
母犬の出産後の性格
母犬が出産後に性格が変わったということはないでしょうか?解説いたします。
犬はお尻の臭いを嗅ぐのが好き?
犬同士でお尻の臭いを嗅ぐところを見たことがないでしょうか?犬はお尻が好きなのでしょうか?