犬の発情期について

犬の発情期について

犬の発情期についてです。

 

メスの場合であれば生後7か月から16か月位に最初の発情期を迎えることになります。

 

メスの場合であれば発情期は年に2回の6ヶ月周期で訪れるのが普通です。

 

オスの場合ですが、生まれてから7ヶ月から12ヶ月位すると性成熟を迎えます。

 

オスの場合であればメスのように発情期間は決まってはいないのです。

 

メスは発情期になると、おしっこにフェロモンが含まれるようになります。そのフェロモンの匂いをオスが嗅ぐと興奮してメスを追いかけてしまうのです。

 

メスの発情がきっかけとなりオスも発情することになります。

 

 

犬の恋愛について

 

動物全般に言えることでもありますが、犬の恋愛はメスがリードします。

 

発情したメスの匂いを嗅ぐとオスはかなり興奮するのです。

 

交尾するかどうかの主導権はメスが握っています。

 

メスは発情が始まるとおしっこの中にフェロモンが含まれてオスを誘惑しますが、排卵前の発情前半であればオスが寄って来ても座り込んだりして受け付けません。

 

場合によっては吠えて威嚇してオスを追いかえることすらあるのです。

 

発情期に入り数日が経過すると排卵が起こります。この時期になると積極的にオスを求めるようになるのです。

 

無事にカップルが成立して交配が無事に成功した場合は、2か月後位に出産あれ子犬が産まれます。

 

 

子犬が生まれるまでの流れ

 

子犬が産まれるまでの流れをまとめました。

 

発情前

 

小型犬の場合は、生後7ヶ月位で最初の発情期を迎えます

 

中型犬や大型犬の場合であれば12ヶ月後位からです。

 

発情前は交尾をしようとせずにオスを拒みます

 

 

発情期

 

出血後に排卵が起こり、一番妊娠しやすい時期となります。

 

オスを受け入れる体制が出来上がっている状態です。

 

 

交尾

 

求愛してくるオスの中から相手を選びます。

 

選んだ相手にお尻を見せたりしてマウントを要求するのです。

 

 

出産

 

交配が成功した場合は、60日位で子犬が産まれます。

 

一度に数頭の子犬が産まれることになるでしょう。

 

 

出産時の注意

 

犬の出産の記事でも説明しますが、犬種によっては帝王切開しないと子犬を産むことが出来ない犬もいるのです。

 

必ず帝王切開が必要な犬もいますので、自分の犬が無事に出産出来るのか調べておくことも大事でしょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

犬の発情期について関連ページ

犬が吠える理由
犬が吠える理由を紹介します。散歩などに連れて行っても犬が吠えて困っていないでしょうか?
犬同士の遊びについて
犬同士の遊びについてです。犬同士遊ばせることは大事なのでしょうか?
犬の相性について
犬の相性や性格について解説します。犬同士でも相性ってあるのでしょうか?
先住犬と子犬について
先住犬と子犬の相性で悩んでいませんか?2匹目を飼いたいけど仲良くするか心配な飼い主もいるのではないでしょうか?
犬の去勢について
犬の去勢について考えてみたいと思います。去勢をすることで大人しくなったりするのでしょうか?
母犬の出産後の性格
母犬が出産後に性格が変わったということはないでしょうか?解説いたします。
犬はお尻の臭いを嗅ぐのが好き?
犬同士でお尻の臭いを嗅ぐところを見たことがないでしょうか?犬はお尻が好きなのでしょうか?
犬同士の不仲について
犬同士が不仲で困っていることはないでしょうか?子犬の頃は仲良かったのになぜだろうと悩んでいる人は多いものです。