犬が吠える理由

犬が吠える理由

散歩などに連れて行くと、他犬に吠えたりして困ってはいないでしょうか?

 

普段は大人しいのに散歩に行くとどうして凶暴になるんだろう?と心配する飼い主さんもります。

 

犬が吠える理由ですが、様々な理由があります。夜、犬が吠えて困ることもあるはずです。

 

他にも、1匹が吠えはじめると、別の犬も吠えはじめる場合もあります。

 

この夜、吠えると言うことに関しては犬が自分の場所を他の犬に教えているという説が有力です。

 

集団行動する生き物なので、はぐれた時に自分の居場所を仲間に教える必要があります。

 

その時の、名残が夜などの遠吠えに繋がっているのです。

 

 

他の犬にほえる理由

 

散歩などで他犬に吠える理由を考えてみたいと思います。

 

吠えるにもいくつかの意味があるのです。「遊ぼうぜ〜!!」と吠える犬もいます。

 

しかし、相手が怖くて「こっちに来るな!!」と恐怖から吠える犬のいるのです。

 

他にも、「俺の縄張りに入るな!!」と威嚇する場合もあります。

 

犬が吠えていても一概にこれだ!!と決めつけることは出来ません。

 

遊びたいのか威嚇しているのか?は、飼い主が様子を見て判断するしかないのです。

 

 

社交性について

 

子犬の頃から、散歩などを通じて人や他の犬などとも社交性が身についている場合は吠えることは少ないと言えます。

 

性格的に憶病な犬もいますが、性格的に憶病な犬の場合は恐怖心から吠えてしまう場合もあるのです。

 

他にも、興奮しやすい犬もいますが、そのような犬は他の犬にじゃれついてしまい怒らせてしまうこともあります。

 

 

無駄吠え防止

 

吠えさせないようにするには、散歩中に他の犬を見かけたら、犬の名前を呼んでください。

 

そして、注意を自分に向けるようにします。そして、ご褒美をあげるようにしてください。

 

すると、犬の頭の中で他の犬を見ると、名前を呼ばれてご褒美をもらえることが分かってきます。

 

これを覚えさせることで吠えなくなることが多いです。

 

「散歩中に他の犬を見かけるといいことがある」と言うことを学習させましょう。

 

 

犬に吠えられた時は?

 

もちろん、自分の愛犬が他の犬に吠えられることもあるでしょう。

 

吠えられた時は、距離を置いて静かに通り過ぎるようにしてください。

 

飼い主が落ち着いて行動することが大事です。

 

性格が相性が犬にもあるので、無理して遊ばせる必要はありません。

 

犬が吠えずに無視できるようになれば上出来です。

 

 

犬同士のけんかについて

 

犬同士のけんかをすることがありますが、もちろん、飼い主が仲裁しないといけません。

 

決して、闘犬にして楽しまないでくださいね。

 

喧嘩を仲裁する時は、飼い主同士が「せーの」で首輪をつかみ引き離します。

 

洋服などを犬に被せるなどして、視界をさえぎると視界が隠れてしまい噛む力が弱まるのです。

 

それでも、喧嘩と言うのは危険な行為です。相手が吠えているようであれば、近づけさせないのも得策でしょう。

 

社交性は子犬の頃に身につけたいところですね。

 

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

犬が吠える理由関連ページ

犬同士の遊びについて
犬同士の遊びについてです。犬同士遊ばせることは大事なのでしょうか?
犬の相性について
犬の相性や性格について解説します。犬同士でも相性ってあるのでしょうか?
先住犬と子犬について
先住犬と子犬の相性で悩んでいませんか?2匹目を飼いたいけど仲良くするか心配な飼い主もいるのではないでしょうか?
犬の発情期について
犬の発情期について解説します。オスとメスでは発情期はどのように違うのでしょうか?
犬の去勢について
犬の去勢について考えてみたいと思います。去勢をすることで大人しくなったりするのでしょうか?
母犬の出産後の性格
母犬が出産後に性格が変わったということはないでしょうか?解説いたします。
犬はお尻の臭いを嗅ぐのが好き?
犬同士でお尻の臭いを嗅ぐところを見たことがないでしょうか?犬はお尻が好きなのでしょうか?
犬同士の不仲について
犬同士が不仲で困っていることはないでしょうか?子犬の頃は仲良かったのになぜだろうと悩んでいる人は多いものです。