子犬の甘噛みをしつける

子犬の甘噛みのしつけについて

子犬が甘噛みをして困っていませんか?

 

甘噛みと言うのは、普通の噛むと違って引きちぎることが目的ではありません。

 

ただ単に軽く噛むだけです。

 

子犬と遊んでいたりすると、手や袖口などにじゃれついてくることはよくあります。

 

その時に、カプっと甘噛みされることがあるのです。

 

犬にとって噛むと言う行動は自然な行動となります。本能的な行動の一つです。

 

人の手だけでなくヒラヒラするスカートや袖などの動く物を見つけるとついつい飛びついて噛んでしまいます。

 

子犬にとっては、甘噛みは遊びの一つという認識しかない場合がほとんとなのです。

 

しかし、甘噛みであっても人間にとっては迷惑な行動の一つになります。

 

やめさせたいと思っている飼い主は多いのではないでしょうか?

 

 

甘噛みを放置すると噛み癖が付きます。

 

子犬の甘噛みを放置しておくのは危険な行為となります。

 

甘噛みの癖が抜けないまま成長するといつまでも遊びで人の手を噛んでも大丈夫だと思ってしまうのです。

 

しかし、犬には噛むという欲求があります。噛んでもいいおもちゃなどを与える必要な場合もあるのです。

 

子犬と遊んでいると甘噛みされることもあるでしょう。

 

その場合は、すぐに遊びを止めてください。「甘噛みすると遊んでくれなくなる」ということを犬が学習する必要があるのです。

 

甘噛み防止も立派なしつけの一つと言えるでしょう。

 

尚、手にじゃれつかないようにおもちゃを使って遊ぶことなどの工夫も必要な場合があります。

 

 

 

甘噛みのしつけ方

 

甘噛みのしつけ方をまとめました。

 

対処法と言ってもいいと思います

 

玩具を与える

 

子犬に噛んでもいいおもちゃを与えます。

 

もちろん、犬が噛んだら怪我をするような玩具ではダメです。

 

かじりやすく安全なおもちゃを与えるようにしてください。

 

 

甘噛みしたら遊びをやめる

 

先ほど、紹介した方法ですが、もう一度説明します。

 

犬に甘噛みされたら手をすぐに引っ込めて視線を合わせないようにします。

 

すると犬は「え!?何で遊んでくれないの?」となるかと思います。

 

これを繰り返しているうちに、噛みつくと犬は遊んでもらえないことを理解するのです。

 

この方法も有効な方法です。

 

 

ポイントは甘噛みのしつけは子犬のうちの終わらせるようにしてください。

 

成犬になってからだと噛む力も強くなり大変な犬になってしまうこともあるのです。

 

よって、甘噛みのような行動は子犬のうちにしつけてしまうのが効果的と言えるでしょう。

 

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

子犬の甘噛みをしつけるには?関連ページ

犬が顔をなめる理由
犬に顔をなめる理由を知っているでしょうか?顔をなめるという行為にどんな意味があるのか紹介します。
犬は嬉しいとおしっこをする?
犬は嬉しいとおしっこをすると聞いたことがないでしょうか?子犬に多い現象ですが解説いたします。
犬は人間の言葉は理解しているのか?
犬は人間の言葉を理解しているのでしょうか?犬に話しかけてみると言葉を理解しているのでは?と思う時があるかと思います。解説いたします。
犬は音楽を理解しているのか?
犬は音楽を理解しているのでしょうか?吠えていた犬も音楽をかけるとリラックスした経験はないでしょうか?
犬のマウンティングについて
犬のマウンティングについて解説します。マウンティングをしつけでやめさせたいと思っている方も多いのではないでしょうか?
犬が飛びかかるのをしつけるには?
犬が通行人や他に人にとびかかるのをしつけるにはどうすればいいのでしょうか?飛びかかり癖は治したいと思っている方も多いと思います。
犬が赤ちゃんに吠えるのは?
犬は赤ちゃんを見ると吠えると言うことはないでしょうか?犬がなぜ赤ちゃんを見ると吠えるのかをお教えいたします。
犬を叱ると落ち込む
犬を叱ると落ち込むということはないでしょうか?叱ると落ち込むということは反省しているということになるのでしょうか?
犬も仮病を使うの?
犬も仮病を使うって知っているでしょうか?びっこをしていたとします。しかし、病院に行っても異常なし。これって仮病なのでしょうか?
犬を叱るとあくびをする理由
犬を叱るとあくびをしませんか?中には、俺の話を聞いているのか?と怒る人もいるかも知れません。犬を叱るとあくびをする理由を解説します。
犬の肛門の病気について
犬の肛門の病気についてです。犬が床にお尻を擦りつけてはいないでしょうか?こすりつけている場合は肛門の病気の可能性があります。
犬が目を見つめない理由
犬が目を見つめないと思う方もいます。見つめてくれないと悩む人もいるようですが、原因を紹介します。
犬は喧嘩を仲裁するのか?
犬が喧嘩を仲裁するのかですが、犬は実際に様々な喧嘩を仲裁します。