犬が赤ちゃんに吠えるのは?

犬が赤ちゃんに吠える理由とは

犬が赤ちゃんに吠えると言うことはないでしょうか?

 

赤ちゃんがいる前は、犬は飼い主に注目を100%得ることが出来ています。

 

この状態だと犬は、自分は飼い主に可愛がられて当たり前と思っているのです。

 

しかし、見知らぬ赤ちゃんがやって来たとします。

 

普通の犬にとって赤ちゃんと言うのは見慣れないもののはずです。

 

しかも、家族全員に大切にされているし注目もされます。

 

このことから今まで自分が一番注目されていたのに、皆の注目が赤ちゃんに行ってしまうことで犬が嫉妬するのです。

 

この犬の嫉妬心から犬は赤ちゃんが嫌いになり吠えるという行動に出ることもあります。

 

 

犬が赤ちゃんに嫉妬するとどうなるのか?

 

犬が赤ちゃんに嫉妬してしまうと、どうしても自分に興味を持って欲しくなるのです。

 

そこで注意を持ってもらうために飼い主が嫌がることをしたりする場合もあります。

 

いたずらされることもあるでしょう。

 

ここで飼い主は面倒だからと犬を別の部屋に移したりする場合もあるでしょう。

 

しかし、このような行動は余計に犬を混乱させてしまう場合が多いのです。

 

赤ちゃんから無理に犬を遠ざけてしまうと、犬の好奇心と嫉妬心をさらに加速させてしまうこともあります。

 

この寂しさから問題行動をする場合もあるのです。

 

 

犬の赤ちゃん対策

 

犬の赤ちゃん対策としては、赤ちゃんが家にやってきても犬が混乱させない配慮をすることが大事です。

 

出産の時期が近づいてきたらベビー用品の匂いを嗅がせるなど新しい家族の登場に慣らしておくことが大事だと言えます。

 

赤ちゃんが家に来ても、今までと同様の愛情をかけてあげることが大事なのです。

 

場合によっては、今まで以上にい可愛がる必要もあるでしょう。

 

授乳中に静かにしていたらご褒美を犬にあげたりして、赤ちゃんがそばにいると良いことがあることを学習させるのも効果的です。

 

犬を近付けないようにしてしまうと、「あいつのせいで飼い主が遊んでくれない」などと変な嫉妬心を煽る結果になることが多いので気を付けてください。

 

ちなみに、しつけが上手くいくと犬が赤ちゃんを守る行動に出たりすることもあります。

 

犬と赤ちゃんが仲良く出来るように配慮しておくことも大事なことです。

 

変な嫉妬心を植え付けてしまい吠える行動は良くないので犬の気持ちになって考えてあげましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

犬が赤ちゃんに吠えるのは?関連ページ

犬が顔をなめる理由
犬に顔をなめる理由を知っているでしょうか?顔をなめるという行為にどんな意味があるのか紹介します。
犬は嬉しいとおしっこをする?
犬は嬉しいとおしっこをすると聞いたことがないでしょうか?子犬に多い現象ですが解説いたします。
犬は人間の言葉は理解しているのか?
犬は人間の言葉を理解しているのでしょうか?犬に話しかけてみると言葉を理解しているのでは?と思う時があるかと思います。解説いたします。
犬は音楽を理解しているのか?
犬は音楽を理解しているのでしょうか?吠えていた犬も音楽をかけるとリラックスした経験はないでしょうか?
犬のマウンティングについて
犬のマウンティングについて解説します。マウンティングをしつけでやめさせたいと思っている方も多いのではないでしょうか?
犬が飛びかかるのをしつけるには?
犬が通行人や他に人にとびかかるのをしつけるにはどうすればいいのでしょうか?飛びかかり癖は治したいと思っている方も多いと思います。
子犬の甘噛みをしつけるには?
子犬が甘噛みをして困っていませんか?子犬の甘噛みをしつけるにはどうすればいいのか解説します。
犬を叱ると落ち込む
犬を叱ると落ち込むということはないでしょうか?叱ると落ち込むということは反省しているということになるのでしょうか?
犬も仮病を使うの?
犬も仮病を使うって知っているでしょうか?びっこをしていたとします。しかし、病院に行っても異常なし。これって仮病なのでしょうか?
犬を叱るとあくびをする理由
犬を叱るとあくびをしませんか?中には、俺の話を聞いているのか?と怒る人もいるかも知れません。犬を叱るとあくびをする理由を解説します。
犬の肛門の病気について
犬の肛門の病気についてです。犬が床にお尻を擦りつけてはいないでしょうか?こすりつけている場合は肛門の病気の可能性があります。
犬が目を見つめない理由
犬が目を見つめないと思う方もいます。見つめてくれないと悩む人もいるようですが、原因を紹介します。
犬は喧嘩を仲裁するのか?
犬が喧嘩を仲裁するのかですが、犬は実際に様々な喧嘩を仲裁します。