犬 感情

犬の感情表現について

犬の感情表現についてです。

 

犬にも喜怒哀楽という感情が存在します。

 

喜んだり、怒って吠えたり、哀愁を漂わせたり、楽しい気分になったりもするのです。

 

他にも恐怖を感じたり嫉妬したりと人間と同じように様々な感情が存在します。

 

しかし、犬は人間と違って喋ることが出来ません。

 

犬同士の犬語はあるのかも知れませんが、人間と犬の共通の言語は存在しません。

 

よって、犬のボディランゲージを見て人間が判断してあげないといけないのです。

 

 

 

犬は言葉が分かるのか?

 

先ほど、ボディランゲージで犬の感情を判断してあげないといけないという話をしました。

 

しかし、中には犬は言葉が人間の言葉が分かると感じている人もいるようです。

 

犬に「ごはん」と言うと、喜んで走ってくる場合があります。

 

この場合で考えると犬は人間の言葉が分かると考える飼い主もいるようです。

 

しかし、犬が分かっているのは言葉の意味ではありません。

 

いつもの「ごはん」という言葉を聞くとごはんがもらえると分かっているからです。

 

意味自体は分かってはいないのです。

 

ちなみに、「ゴハン」と言わずに「ゴマン」と言って犬の様子を確認してみてください。

 

場合によっては、喜んで来る可能性があります。

 

 

犬に善悪の感情はあるのか?

 

犬には善悪の感情があるのでしょうか?

 

例えば犬が悪いことをして怒ると犬は悲しそうな顔をするのではないでしょうか?

 

悲しそうな顔をするということは、悪いことをしたという証拠だと思っている方もいるようです。

 

例えば、人間が犬に餌を食べないように指示したとします。

 

人間がいない間に、別の人間が餌を持ち去ってしまいます。

 

餌が無くなっているので飼い主は犬が食べてしまったと勘違いして犬を怒るとします。

 

この場合であれば犬は何も悪くはありません。無実の罪を着せられただけです。

 

この場合に犬がどのような表情をするか実験したことがありました。

 

結果は同じように悲しそうな顔をしました。

 

このことから犬は善悪が分かると言うよりも、飼い主の表情を見て判断していると言えるでしょう。

 

ただし犬が無実な罪を着去られて怒られらことで悲しくなっているのであれば話は別ですが・・・・。

 

 

犬の感情について

 

犬がどれ位言葉を理解しているかなどは、先ほどの実験のように色々試してみると見えて来ることがあります。

 

しかし、犬が顔を舐めてくる時は、どのような意味があるのか?

 

犬が足にしがみついてくる時は何を考えているのか?

 

足に病気も何もないのに、痛がるのは何故か?なども犬の感情と大きく関わっています。

 

他にも叱ったら、犬があくびをしたなどの場合もあるかと思うのです。

 

別のページで説明しますが、犬を叱ってあくびをしても反省していないというサインではありません。

 

こういった犬の感情表現をたくさん理解していた方が、犬と信頼関係が構築されやすいことは言うまでもありません。

犬の感情表現記事一覧

犬が顔をなめる理由

犬に顔をなめられたことがないでしょうか?犬は喜んでなめているようですが、どのような理由でなめているか知っていますか?女性の中では、化粧した顔をなめるので犬の体調を気にする人などもいるかと思います。犬が顔をなめる行為はどのような意味があるのでしょうか?犬が飼い主の顔をなめるのは愛情表現です。犬のご先祖...

≫続きを読む

 

犬は嬉しいとおしっこをする?

犬は嬉しいとおしっこをすると聞いたことがある人は多いかと思います。特に子犬に多い現象なのですが、どのようになっているのでしょうか?例えば、あなたが家に帰って来たとします。子犬は大はしゃぎで玄関まで走ってきて、じゃれついて来ておしっこをしてしまう。この嬉しいとおしっこをしてしまう行動は、大人の犬になる...

≫続きを読む

 

犬は人間の言葉は理解しているのか?

犬に「ごはんだぞ〜」と言うと、喜んで寄ってくると言うことがないでしょうか?この時に、飼い主は「犬も人間の言葉を理解しているんだな〜」と思ったりする時です。しかし、犬が理解しているのは残念ながら言葉ではありません。「ごはんだぞ〜」の言葉の後には、ごはんが必ず出てくると言うことです。食事は散歩などと共に...

≫続きを読む

 

犬は音楽を理解しているのか?

決まった音楽を流すとそれまでうるさく吠えていた犬が静かになりリラックスしたような状態になることがあります。このような時に、犬も音楽で癒されるのか?と思ったりするのです。中には、犬と人間が一緒に聴くCDまで発売されています。自分が好きな音楽を愛犬も一緒にリラックスして聴いていてくれると共感されているよ...

≫続きを読む

 

犬のマウンティングについて

犬のマウンティングとは、どのようなものか知っているでしょうか?マウンティングの意味から説明したいと思います。マウンティングとは犬が飼い主の足にしがみついて腰を押しつけたり、腰を振る行動のことをマウンティングと呼ぶのです。犬が交尾をする時と、同じような動きですが交尾以外でもよく見られる行動となります。...

≫続きを読む

 

犬が飛びかかるのをしつけるには?

犬が飛びかかりをしつけることのお話ですが、逆に犬に飛びかかられて困る人もいるのではないでしょうか?確かに、飛びかかられる人は飛びかかられますし、飛びかかれない人は全然飛びかかれません。この違いはどこにあるのでしょうか?犬が飛びかかる原因犬が飛びかかる原因ですが、散歩中に犬が他の歩行者などに飛びかかろ...

≫続きを読む

 

犬が赤ちゃんに吠えるのは?

犬が赤ちゃんに吠えると言うことはないでしょうか?赤ちゃんがいる前は、犬は飼い主に注目を100%得ることが出来ています。この状態だと犬は、自分は飼い主に可愛がられて当たり前と思っているのです。しかし、見知らぬ赤ちゃんがやって来たとします。普通の犬にとって赤ちゃんと言うのは見慣れないもののはずです。しか...

≫続きを読む

 

子犬の甘噛みをしつけるには?

子犬が甘噛みをして困っていませんか?甘噛みと言うのは、普通の噛むと違って引きちぎることが目的ではありません。ただ単に軽く噛むだけです。子犬と遊んでいたりすると、手や袖口などにじゃれついてくることはよくあります。その時に、カプっと甘噛みされることがあるのです。犬にとって噛むと言う行動は自然な行動となり...

≫続きを読む

 

犬を叱ると落ち込む

犬を叱ると落ち込むと言うことはないでしょうか?犬が失敗やいたずらをして叱ったら落ち込むようなしぐさを見せる時です。申し訳そうに体を丸めてみたり上目使いで飼い主を見上げてションボリしたように落ち込む態度です。実際に、このような犬の態度をみると「もしかして犬が反省しているのでは?」と思うかも知れません。...

≫続きを読む

 

犬も仮病を使うの?

犬も仮病を使うのでしょうか?人間であれば会社に行きたくない時や学校に行きたくない時に、風邪だと言って仮病を使うこともあるかと思います。しかし、犬も仮病を使うのでしょうか?このような経験をしたことがないでしょうか?犬が脚を痛そうにびっこを引いています。飼い主はびっくりして、「愛犬の足に異常があるのでは...

≫続きを読む

 

犬を叱るとあくびをする理由

犬が悪いことをして叱ったのに、あくびをしたと言うことはないでしょうか?実際に私はあります。この時に人によっては、俺の言うことを聞いているのか?と余計に怒る人もいるそうです。しかし、犬と人間では感覚が全く違います。犬を叱るとあくびをする行為ですが、恐怖や不安を感じた時のシグナルです。相手にも落ち着けと...

≫続きを読む

 

犬の肛門の病気について

犬がお尻を床にこすりつけたりして前脚で移動したりする光景を見たことがないでしょうか?お尻をすりつけるという行為は犬にとってみると肛門の周りがむずむずして痒い場合が多いのです。決してお尻を床にこすりつけると気持ちがいいとかそういうことではありません。条虫やその卵などが肛門から排出されたりして起こること...

≫続きを読む

 

犬が目を見つめない理由

犬を叱ったとします。犬の目を見るとプイッと顔を横にして見つめたりはしないと思います。これを人によっては「人の話を聞く時は目を見て聞け!!」と怒ったりする人もいるようです。人の話を目を見て聞くとか、そういうのは人間の感覚であって犬の感覚ではありません。他にも、犬が目を見つめてくれないと犬との信頼関係が...

≫続きを読む

 

犬は喧嘩を仲裁するのか?

夫婦喧嘩をしていたら犬が間に入ってきて喧嘩を仲裁したということはないでしょうか?犬と言うのは、喧嘩をすると仲裁する生き物なのです。場合によっては、猫の喧嘩の仲裁をすることもあります。下記の動画は実際に犬が猫の喧嘩を仲裁するところですが、かなり格好良く凛々しく見えてくるのではないでしょうか?犬が喧嘩を...

≫続きを読む