シャーペイのしつけ方と性格

シャーペイのしつけと性格について

シャーペイのしつけと性格についてですが、まずは性格から見て行きましょう。

 

シャーペイという犬は、飼い主や自分の家族と認めた人間にはかなり忠実です。

 

愛情も十分に示してくれるかと思います。

 

しかし、独立心旺盛でプライドの高い面もあるのです。しかも、頑固な性格もあります。

 

このことからシャーペイは理不尽だと感じることには、すごく反抗的になる場合もあるのです。

 

シャーペイを子犬の頃から上手に育てると、社交性や協調性のあるタイプになることもあります。

 

気難しいタイプの犬ですが、信頼関係が構築出来れば「すごくいい奴」になる性格です。

 

尚、シャーペイと言うのは、「砂の皮膚」という意味があります。

 

シャーペイの子犬を見れば分かるかと思いますが、全身がしわだらけのはずです。

 

しかし、大人の犬になるにつれてしわが無くなってきて最終的には顔位しかしわが残りません。

 

 

シャーペイのしつけ方

シャーペイのしつけ方についてですが、子犬のうちから社交性を養うことは必須だと言えるでしょう。

 

出来れば兄弟の犬などとも遊ぶなども覚えさせておく必要があります。

 

社交性や協調性はしつけで身に着けることが出来ますが、訓練となると好きではないのです。

 

先に、説明したように理不尽と感じると反抗的になる場合があるので気をつけましょう。

 

シャーペイはプライドが高い場合が多いので、注意してしつけを行う必要があります。

 

しかし、上手にしつけがいけばすごく友好的な犬にもなるのです。

 

中型犬と言うこともあり、初心者には難しい面もありますが、頑張ってしつけましょう。

 

 

シャーペイの歴史

 

シャーペイは歴史ある犬だと知っているでしょうか?

 

シャーペイの先祖にあたる犬は。紀元前200年頃にすでに確認をされています。中国で言うと漢の時代です。

 

余談ですが、漢と言うのは、日本人に馴染みが深い三国志のひとつ前の時代となります。

 

その頃から牛追いや農家の番犬として活躍していました。

 

他にも闘犬や猟犬としての活躍も確認されています。

 

残念なことに近年の中国の政策でシャーペイは絶滅の危機にもなったのです。

 

香港に残っていたシャーペイを愛好家が飼育を続けケンネルクラブに公認され現在では人気の犬となっています。

 

絶滅しなくて良かったです。

 

 

シャーペイのチャウチャウの関係

 

シャーペイとチャウチャウの関係ですが、青い舌をしているので祖先は共通ではないかと考えられています。

 

しかし、現在ではまだ確証が掴めてはいない段階です。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

シャーペイのしつけ方と性格関連ページ

ミニチュアシュナウザー
ミニチュアシュナウザーのしつけ方や性格や育て方などを紹介します。性格なども考慮したしつけが大事です。
ミニチュアピンシャー
ミニチュアピンシャーのしつけ方や性格を紹介します。ミニチュアピンシャーの特性を生かした上手なしつけを心がけましょう。
バーニーズマウンテンドッグ
バーニーズマウンテンドッグのしつけ方や性格などを紹介します。バーニーズマウンテンドッグの効果的なしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ブルドッグ
ブルドッグのしつけ方や性格を紹介します。ブロドッグにはどのようにしつけたらいいのでしょうか?
ドーベルマン
ドーベルマンのしつけ方や性格を紹介します。ドーベルマンにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか?
ロットワイラー
ロットワイラーのしつけ方や性格を紹介します。ロットワイラーにはどのように接してしつけるのが賢いのでしょうか?
グレートデーン
グレートデーンのしつけ方や性格を紹介します。グレートデーンはどのようにしつければいいのでしょうか?
グレートピレニーズ
グレートピレニーズのしつけ方や性格を紹介します。グレートピレニーズの正しいしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ボクサー
ボクサー(犬)のしつけ方や性格を紹介します。ボクサーはどのようなしつけを行うのが効果的なのでしょうか?
ニューファンドランド
ニューファンドランドのしつけ方や性格を紹介します。ニューファンドランドは水難救助犬としても活躍しますが、どのようなしつけを行えばいいのでしょうか?