ボクサー しつけ

ボクサーの性格

ボクサーを紹介します。ここでい言うボクサーは犬のボクサーのことです。

 

ボクシングをやる人ではありません。

 

ボクサーは、闘犬や闘牛目的で作りだされた犬でした。

 

そのため、凶暴で獰猛な性格をしていたんです。

 

現在では、家庭犬として優しく情愛深い犬になっています。

 

しかし、神経質な面やナイーブで傷つきやすい性格です。扱いには注意が必要でしょう。

 

ボクサーは監視能力が高く警察犬や軍用犬としても活躍しています。賢い犬と言えるでしょう。

 

 

ボクサーのしつけ方

 

ボクサーのしつけ方ですが、先のお話したように精神的にナイーブで傷つきやすいところがあります。

 

厳しいしつけや体罰などは逆恨みの原因となったり根に持ってしまう場合が多いです。

 

しつけなどをする場合は、穏やかに論するように話しかけてトレーニングをした方が効果的となります。

 

飼い主との信頼関係が出来ればしつけも加速されるでしょう。

 

しつけをする上で、ナイーブで傷つきやすい性格と言うことを忘れなくいでください。

 

 

 

ボクサーの飼いやすさ

 

ボクサーの飼いやすさですが、性格なども考慮すると初心者にはかなり飼いにくいと言えます。

 

気難しい性格でしつけが上手く行かないこともあるのです。

 

ボクサーは強靭な肉体を持っています。この肉体を維持するためには、毎日朝夕60分の散歩を2回はしたいところです。

 

自宅に広さのある庭などがあれば、ボール遊びなどもさせるのがよいでしょう。

 

とにかくボクサーは体力があるので、ストレス発散のための運動も大切なのです。

 

根気よく散歩に連れて行くようにしましょう。ちなみに、ボクサーはアメリカとドイツで非常に人気があります。

 

ボクサークラブという団体まである位です。しかし、ドイツとアメリカでは若干見た目に違いがあります。

 

日本のボクサーはナイーブで傷つきやすい性格です。よって、逆恨みされるようなことをしてはいけません。

 

優しい犬なのでしっかりとしつけて、賢い犬に育てるようにしましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ボクサーのしつけ方関連ページ

ミニチュアシュナウザー
ミニチュアシュナウザーのしつけ方や性格や育て方などを紹介します。性格なども考慮したしつけが大事です。
ミニチュアピンシャー
ミニチュアピンシャーのしつけ方や性格を紹介します。ミニチュアピンシャーの特性を生かした上手なしつけを心がけましょう。
バーニーズマウンテンドッグ
バーニーズマウンテンドッグのしつけ方や性格などを紹介します。バーニーズマウンテンドッグの効果的なしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ブルドッグ
ブルドッグのしつけ方や性格を紹介します。ブロドッグにはどのようにしつけたらいいのでしょうか?
ドーベルマン
ドーベルマンのしつけ方や性格を紹介します。ドーベルマンにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか?
ロットワイラー
ロットワイラーのしつけ方や性格を紹介します。ロットワイラーにはどのように接してしつけるのが賢いのでしょうか?
グレートデーン
グレートデーンのしつけ方や性格を紹介します。グレートデーンはどのようにしつければいいのでしょうか?
グレートピレニーズ
グレートピレニーズのしつけ方や性格を紹介します。グレートピレニーズの正しいしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ニューファンドランド
ニューファンドランドのしつけ方や性格を紹介します。ニューファンドランドは水難救助犬としても活躍しますが、どのようなしつけを行えばいいのでしょうか?
シャーペイ
シャーペイのしつけ方と性格を紹介します。シャーペイは原産国が中国で紀元前200年には存在が確認されています。歴史ある犬ですが、どのようにしつけをすればいいのでしょうか?