グレートピレニーズ しつけ

グレートピレニーズの性格

グレートピレニーズの性格はいたって穏やかです。

 

家族に対して、忠実で深い愛情を示して来ます。

 

しかし、不審者などに対しては強い警戒感を抱き攻撃的になる場合があるのです。

 

しつけが上手くいくと、猫や他のペットとも仲間意識が芽生えて上手くやることが出来ます。

 

元々力があり瞬発力や突進力も高い物を持っているのです。

 

そのため飼い主がしっかりとしつけて注意しないと周りの人に大けがさせる原因にもなります。

 

子犬のうちからしっかりとしつけることが大事だと言えるでしょう。

 

子犬のうちは、体が大きくても無邪気な性格です。よって、特に注意が必要となります。

 

 

 

グレートピレニーズの強さの秘密

 

グレートピレニーズの強さの秘密に迫りたいと思います。

 

グレートピレニーズは、ピレネー山脈でオオカミや熊などと戦ってきたのです。

 

戦ってきたと言っても、人間の飼う羊を外敵から守るために戦っていました。

 

猛獣と戦ってきたことから、体が大きく力が強いのも納得できるはずです。

 

17世紀の貴族は、グレートピレニーズの強さを気に入り競って集めたという記録が残っています

 

 

 

グレートピレニーズのしつけ方

 

グレートピレニーズは、体も大きく力もあります。

 

子犬のうちからしっかりとしつけてください。暴れない安全な犬にする必要があるのです。

 

2歳位までの間に、しつけを根気強くやり続ける必要があるでしょう。

 

失敗した場合は、ドッグトレーナーに任せるようにしてください。

 

 

 

グレートピレニーズと散歩

 

グレートピレニーズなのですが、成長するに従って散歩に行きたがりません。

 

多くの犬が散歩好きなのに比べて、グレートピレニーズは散歩などを面倒に感じる犬です。

 

どちらかと言えば、散歩よりもお気に入りの場所でまったりとしていたい方の犬となります。

 

体重があるので、散歩に連れて行かないと、病気になってしまうことが多いです。

 

脚などには負荷がかかるので、1日60分を朝夕2回はして鍛えた方がよいでしょう。

 

グレートピレニーズに散歩を飽きさせないために、違ったコースを歩くなどの工夫もした方が良いかと思います。

 

グレートピレニーズは、冷静で我慢強く温厚で優しい犬です。

 

根気よくし付けて大事に育ててあげましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

グレートピレニーズのしつけ方関連ページ

ミニチュアシュナウザー
ミニチュアシュナウザーのしつけ方や性格や育て方などを紹介します。性格なども考慮したしつけが大事です。
ミニチュアピンシャー
ミニチュアピンシャーのしつけ方や性格を紹介します。ミニチュアピンシャーの特性を生かした上手なしつけを心がけましょう。
バーニーズマウンテンドッグ
バーニーズマウンテンドッグのしつけ方や性格などを紹介します。バーニーズマウンテンドッグの効果的なしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ブルドッグ
ブルドッグのしつけ方や性格を紹介します。ブロドッグにはどのようにしつけたらいいのでしょうか?
ドーベルマン
ドーベルマンのしつけ方や性格を紹介します。ドーベルマンにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか?
ロットワイラー
ロットワイラーのしつけ方や性格を紹介します。ロットワイラーにはどのように接してしつけるのが賢いのでしょうか?
グレートデーン
グレートデーンのしつけ方や性格を紹介します。グレートデーンはどのようにしつければいいのでしょうか?
ボクサー
ボクサー(犬)のしつけ方や性格を紹介します。ボクサーはどのようなしつけを行うのが効果的なのでしょうか?
ニューファンドランド
ニューファンドランドのしつけ方や性格を紹介します。ニューファンドランドは水難救助犬としても活躍しますが、どのようなしつけを行えばいいのでしょうか?
シャーペイ
シャーペイのしつけ方と性格を紹介します。シャーペイは原産国が中国で紀元前200年には存在が確認されています。歴史ある犬ですが、どのようにしつけをすればいいのでしょうか?