ドーベルマン しつけ

ドーベルマンの性格

ドーベルマンというと、どのようなイメージがあるでしょうか?

 

私のイメージとしては、強そう、凶暴そう、怖そうといったある意味ヤクザ的なイメージがありました。

 

しかし、家庭犬として買われるドーベルマンは、無邪気で活発な性格と言えます。

 

陽気な性格でもあり飼い主に忠実です。

 

ドーベルマンは、怖そうなイメージがありますが、信頼関係が結ばれると非常に良い関係になれます。

 

 

ドーベルマンのしつけ

ドーベルマンは、警護するとかそういうイメージもあるかと思います。

 

しかし、警護までさせるには、余程のトレーニングをしないと無理です。

 

一般家庭では、そこまでは難しいと思います。

 

しつけや訓練に対する学習能力は高度なものを持っているのです。

 

しつけに関しては、覚えてもよくストレスは少ないと思います。

 

子犬の頃から、しっかりとしつけておく必要はあるでしょう。

 

 

 

ドーベルマンの散歩

 

ドーベルマンは、優れた骨格と筋肉も持ち主です。

 

しかし、それを維持するためには、散歩時間としてジョギングも取り入れた散歩を1日60分を2回位やる必要があります。

 

散歩時間としては、朝と夕の2回行ってください。

 

ドーベルマンを自由運動出来る場所があるのであれば、さらに、ドッグランなども行って欲しいと思います。

 

大人のドーベルマンは、物静かですが、本心では散歩に出かけたいと思っていることが多いのです。

 

そういうことを考えても、積極的に散歩に連れて行ってあげてくださいね。

 

ドーベルマンは散歩時間がかなりいるので、時間のある人に向いています

 

初心者には、扱いにくい犬になるかと思うのです。

 

 

ドーベルマンと断耳

ドーベルマンと言うと、以前は断耳が当たり前でした。

 

三角にピンとして耳は断耳したものです。

 

本当のドーベルマンは、垂れた丸みのある耳をしています。

 

さらに、断尾したりもするのです。

 

ヨーロッパで断耳、断尾しないようになり、日本にも広がっています。

 

そのことから、近い将来、断耳、断尾のドーベルマンは少なくなるでしょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ドーベルマンのしつけ方関連ページ

ミニチュアシュナウザー
ミニチュアシュナウザーのしつけ方や性格や育て方などを紹介します。性格なども考慮したしつけが大事です。
ミニチュアピンシャー
ミニチュアピンシャーのしつけ方や性格を紹介します。ミニチュアピンシャーの特性を生かした上手なしつけを心がけましょう。
バーニーズマウンテンドッグ
バーニーズマウンテンドッグのしつけ方や性格などを紹介します。バーニーズマウンテンドッグの効果的なしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ブルドッグ
ブルドッグのしつけ方や性格を紹介します。ブロドッグにはどのようにしつけたらいいのでしょうか?
ロットワイラー
ロットワイラーのしつけ方や性格を紹介します。ロットワイラーにはどのように接してしつけるのが賢いのでしょうか?
グレートデーン
グレートデーンのしつけ方や性格を紹介します。グレートデーンはどのようにしつければいいのでしょうか?
グレートピレニーズ
グレートピレニーズのしつけ方や性格を紹介します。グレートピレニーズの正しいしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ボクサー
ボクサー(犬)のしつけ方や性格を紹介します。ボクサーはどのようなしつけを行うのが効果的なのでしょうか?
ニューファンドランド
ニューファンドランドのしつけ方や性格を紹介します。ニューファンドランドは水難救助犬としても活躍しますが、どのようなしつけを行えばいいのでしょうか?
シャーペイ
シャーペイのしつけ方と性格を紹介します。シャーペイは原産国が中国で紀元前200年には存在が確認されています。歴史ある犬ですが、どのようにしつけをすればいいのでしょうか?