ブルドッグ しつけ

ブルドッグの性格

ブルドッグは、強面で強そうなイメージがあるのではないでしょうか?

 

ある意味、王様のような雰囲気もあるかと思います。

 

しかし、実際のブルドッグの性格は、我慢強く優しい性格です。

 

さらに、甘えん坊の寂しがり屋という性格なのです。

 

 

「人は見かけによらない」と言いますが、「犬も見かけによらない?」という良い例と言えるでしょう。

 

 

 

ブルドッグのしつけ方

ブルドッグは体型からも分かるかと思いますが、とにかく散歩や運動などを嫌がる性格です。

 

ずんぐりむっくりした体型は、太りやすいという欠点も抱えています。

 

散歩なども積極的にやるタイプではありませんが、1日に10分を2回程度の散歩がお勧めです。

 

ただし、太り過ぎていたりした場合は、健康維持のためにもう少し運動させてもよいかと思います

 

ブルドッグの状況を見ながら行ってください。

 

尚、しつけも訓練もブルドッグはさほど得意な犬ではありません。

 

子犬のうちから、基本的なしつけは覚えさせてください。

 

 

ブルドッグの飼いやすさ

 

ブルドッグの飼いやすさですが、毛の手入れは対して手間も掛からずに楽だと言えるでしょう。

 

それでも、たまには獣毛ブラシなどで艶出しとマッサージも兼ねてブラッシングをしてあげてください。

 

尚、ブルドッグは暑さに弱いです。よって、熱中症にならないように気を配るべきです。

 

正確に言うと、暑さにも寒さにも弱いのがブルドッグです。

 

よって、温度などの配慮はしてください。

 

顔のしわに汚れがたまりやすく、汚れが溜まると病気になってしまいます

 

濡れタオルなどで、ブルドッグの顔の清潔さを保つ努力をしてください。

 

ブルドッグは見た目によらずデリケートな犬です。しっかりと面倒を見てあげましょう。

 

 

 

 

ブルドッグの出産について

 

ブルドッグの出産についてですが、ブルドッグの子犬は頭部が大きいために多くの場合が帝王切開になります。

 

子犬の頭が大きいため、自然分娩させにくいのです。

 

よって、繁殖を考えているのであれば、獣医に相談してください。

 

ブルドッグは、健康管理が難しいなどの場合もありますが、我慢強く温厚で優しい性格です

 

しっかりと面倒を見て、可愛がってあげてくださいね。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

 

ブルドッグのしつけ方関連ページ

ミニチュアシュナウザー
ミニチュアシュナウザーのしつけ方や性格や育て方などを紹介します。性格なども考慮したしつけが大事です。
ミニチュアピンシャー
ミニチュアピンシャーのしつけ方や性格を紹介します。ミニチュアピンシャーの特性を生かした上手なしつけを心がけましょう。
バーニーズマウンテンドッグ
バーニーズマウンテンドッグのしつけ方や性格などを紹介します。バーニーズマウンテンドッグの効果的なしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ドーベルマン
ドーベルマンのしつけ方や性格を紹介します。ドーベルマンにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか?
ロットワイラー
ロットワイラーのしつけ方や性格を紹介します。ロットワイラーにはどのように接してしつけるのが賢いのでしょうか?
グレートデーン
グレートデーンのしつけ方や性格を紹介します。グレートデーンはどのようにしつければいいのでしょうか?
グレートピレニーズ
グレートピレニーズのしつけ方や性格を紹介します。グレートピレニーズの正しいしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ボクサー
ボクサー(犬)のしつけ方や性格を紹介します。ボクサーはどのようなしつけを行うのが効果的なのでしょうか?
ニューファンドランド
ニューファンドランドのしつけ方や性格を紹介します。ニューファンドランドは水難救助犬としても活躍しますが、どのようなしつけを行えばいいのでしょうか?
シャーペイ
シャーペイのしつけ方と性格を紹介します。シャーペイは原産国が中国で紀元前200年には存在が確認されています。歴史ある犬ですが、どのようにしつけをすればいいのでしょうか?