ミニチュアピンシャー しつけ

ミニチュアピンシャーの性格

ミニチュアピンシャーは、小さいからだながらもプライドが高く勇敢な性格をしています。

 

前足を高く上げて前身する姿や軽やかに歩く独特な動きはハックニーとも呼ばれているのです。

 

利口で活発で飼い主に対しても、忠実な性格と言えます。

 

しかし、ミニチュアピンシャーは警戒心の強さもあり、相手によっては吠えかかったりもするのです。

 

小柄なことから、マンションなどでも育て方を間違わなければ、飼うことができます。

 

20分程度の散歩は、朝と夕方の2回程度行いたいところです。

 

 

 

ミニチュアピンシャーのしつけ方

ミニチュアピンシャーのしつけ方についてですが、学習能力が高くしつけやすいと言えます。

 

ジャンプ力などもありますが、体自体が細いので度が過ぎると骨折したり脱臼の危険性もあるのです。

 

大怪我につながらないように気をつけてください。

 

ミニチュアピンシャーは、芸を覚えるのも早いので、飼い主に取ってみれば比較的ストレスがないはずです。

 

子犬の頃から、しっかりと愛情を注ぎ飼い主が主導となるしつけをすることが大事となります。

 

子犬の頃からのしつけがしっかりとすれば、子供や他のペットに対しても優しく接することが出来ます。

 

 

 

ミニチュアピンシャーの飼いやすさ

 

ミニチュアピンシャーの飼いやすさですが、賢く物覚えもよいのですが、プライドが高く神経質な面もあるのです。

 

トレーニングが曖昧だったり、犬が納得出来ないような指示では上手く行かないと言えます。

 

曖昧な訓練やしつけであれば、ミニチュアピンシャーが癇癪をおこしてしまい訓練に対する興味も失われる場合もあるのです。

 

日本のミニチュアピンシャーでは、断尾されたものが多いのですが、欧州では断尾だけでなく断耳も禁止されています。

 

ミニチュアピンシャーは、子犬の頃からしっかりと的確な育て方をする必要があると言えるのです。

 

飼い主には忠実で訓練も基本嫌いではないので、しっかりとしつけて立派な犬?に育てましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ミニチュアピンシャーのしつけ方関連ページ

ミニチュアシュナウザー
ミニチュアシュナウザーのしつけ方や性格や育て方などを紹介します。性格なども考慮したしつけが大事です。
バーニーズマウンテンドッグ
バーニーズマウンテンドッグのしつけ方や性格などを紹介します。バーニーズマウンテンドッグの効果的なしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ブルドッグ
ブルドッグのしつけ方や性格を紹介します。ブロドッグにはどのようにしつけたらいいのでしょうか?
ドーベルマン
ドーベルマンのしつけ方や性格を紹介します。ドーベルマンにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか?
ロットワイラー
ロットワイラーのしつけ方や性格を紹介します。ロットワイラーにはどのように接してしつけるのが賢いのでしょうか?
グレートデーン
グレートデーンのしつけ方や性格を紹介します。グレートデーンはどのようにしつければいいのでしょうか?
グレートピレニーズ
グレートピレニーズのしつけ方や性格を紹介します。グレートピレニーズの正しいしつけ方はどのような方法なのでしょうか?
ボクサー
ボクサー(犬)のしつけ方や性格を紹介します。ボクサーはどのようなしつけを行うのが効果的なのでしょうか?
ニューファンドランド
ニューファンドランドのしつけ方や性格を紹介します。ニューファンドランドは水難救助犬としても活躍しますが、どのようなしつけを行えばいいのでしょうか?
シャーペイ
シャーペイのしつけ方と性格を紹介します。シャーペイは原産国が中国で紀元前200年には存在が確認されています。歴史ある犬ですが、どのようにしつけをすればいいのでしょうか?