ビアデッドコリーのしつけと性格

ビアデッドコリーのしつけ方や性格を紹介します。

ビアデッドコリーの性格から紹介しますが、非常に優しい性格と言えるでしょう。

 

家族思いの性格で、子供相手にも優しく接することが出来ることが多いようです。

 

中型犬になるのですが、とても活力があり子犬の頃はかなりやんちゃな状態だったりします。

 

活動的なだけじゃなく、いたずらが好きで甘えん坊な一面があるのです。

 

しかし、訓練などのしつけはそれほど苦手な犬種ではありません。むしろ得意な方です。

 

尚、ビアデッドコリーの「ビアデッド」は「あごひげ」や「長いひげ」などを意味します。

 

ビアデッドコリーの毛の長さを見ると、そう思えますね。

 

尚、原産国はイギリスです。

 

 

ビアデッドコリーのしつけ

 

ビアデッドコリーのしつけですが、しつけはそれほど難しいわけではありません。

 

中型犬になりますが、状況判断もよく友好的なので初心者にもしつけやすいと言えます。

 

それでも、ビアデッドコリーは子犬のうちからしっかりとしつけをマスターしておいた方が後々楽でしょう。

 

尚、毛が長かったりしますので、2,3日に一回くらいは毛の手入れをしてあげてください。

 

散歩量は大変かと思いますが、60分を朝晩2回するのが理想的です。

 

ビアデッドコリーは、牧羊犬なので上手にしつければかなり優秀な犬になることが出来ます。

 

 

 

ビアデッドコリーの歴史

 

ビアデッドコリーの歴史を紹介します。ビアデッドコリーはスコットランドのハイランド地方で牧羊犬として活躍していました。

 

羊が変な場所とか行かないように見張っていたり誘導したりする犬です。

 

羊が変な行動をとるとすぐに反応します。第一次世界大戦が始まる前までは、ビアデッドコリー協会なる物もありました。

 

ビアデッドコリー協会が解散したことで、徐々に数が減っていたのです。

 

しかし、スコットランドの農場などでは数が減りながらも生き残っていました。

 

一般的な農場で飼育されていたと言います。ぼくよう犬として羊を追いまわしていたのでしょう。

 

その後、繁殖されるようになり1979年にはユナイテッドケンネルクラブに公認されています。

 

 

ビアデッドコリーの病気

 

ビアデッドコリーは抜け毛はそれほど出ないのですが、毛が長くて目に入るためか目の病気になりやすいです。

 

網膜委縮などの目の病気に気を付けてください。目の異常は飼い主が敏感に判断してあげましょう。

 

関節疾患などの病気にも気を付けてください。

 

ビアデッドコリーは、家族思いで非常に優しい犬とされています。

 

子犬のうちからしつけなどもしっかりとやり家族の思いの優しい犬です。

 

可愛がってあげてくださいね。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ビアデッドコリーのしつけと性格関連ページ

ボーダーコリー
ボーダーコリーのしつけ方や性格・育て方を紹介します。ボーダーコリーにはどのようなしつけが有効なのでしょうか?性格も合わせて紹介します。
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのしつけ方や性格を紹介します。立派に育ててあげましょう。
シェルティー
シェルティーのしつけ方や性格について紹介します。シェルティーの性格を考えた上でしつけをすることが大事です。
ジャーマンシェパード
ジャーマンシェパードのしつけ方や性格などを紹介いたします。ジャーマンシェパードにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか?
ラフコリー
ラフコリーのしつけ方や性格を紹介します。ラフコリーにはどのようにしつけをすればいいのでしょうか?