ジャーマンシェパード しつけ

ジャーマンシェパードの性格

ジャーマンシェパードの正式名称は「ジャーマンシェパードドッグ」です。

 

多くの方が、ジャーマンシェパードと呼んでいます。

 

強そうなイメージがあり軍用犬や警察犬として間違われることが多いです。

 

しかし、実際のジャーマンシェパードは牧羊犬となります。

 

性格は飼い主にとても従順です。さらに、賢い犬で学習能力も高いです。

 

子犬の頃から比較的落ち着いた性格をしています。大型犬の中では飼いやすい部類に入るのでしょう。

 

しかし、体が大きく力もあるので初心者には向きません。

 

ジャーマンシェパードの価格は20万から40万位が相場となっています。

 

 

ジャーマンシェパードのしつけ方

ジャーマンシェパードは、賢い犬なのでしつけや訓練はしやすい犬です。

 

しかし、高圧的な態度を取ったりすると、しつけに失敗します。

 

信頼関係が必要になるのです。子犬の頃から社会性を養うことも大事になります。

 

しつけに失敗すると、飼うこと自体が難しくなり場合もあるのです。

 

しつけが上手く行かないと、神経質で攻撃的な性格になってしまうこともあります。

 

しつけが失敗してしまうと、素人ではしつけがかなり難しいです。

 

その場合は、ドッグトレーナーなどの専門家にしつけを依頼するようにしてください。

 

 

 

ジャーマンシェパードの散歩

 

ジャーマンシェパードは、牧羊犬として活躍してきた結果として体力がかなりあります。

 

飼い主に忠実な面があるので、散歩を催促したりする性格ではないです。

 

しかし、運動をして体力を消費させなければストレスが溜まってしまい凶暴になります。

 

広い敷地があり、そこで放し飼いに出来るような環境であれば、自由にさせておけばいい場合もあります。

 

その場合は、番犬としての能力も発揮するでしょう。しかし、環境的に多くの家庭が無理だと思います。

 

ジャーマンシェパードの散歩時間としては、朝夕と2回の各自1時間は散歩させる必要があるのです。

 

毎日の膨大な量の散歩時間を確保出来ずに、ジャーマンシェパードがストレスを溜めてしまうことも少なくありません。

 

よって、散歩時間を是非とも作って欲しいと思います。

 

犬のこともよく考えてしつけなども頑張って行ってください。

 

本来は飼い主に忠実な犬だということを忘れないで欲しいです。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ジャーマンシェパードのしつけ方関連ページ

ボーダーコリー
ボーダーコリーのしつけ方や性格・育て方を紹介します。ボーダーコリーにはどのようなしつけが有効なのでしょうか?性格も合わせて紹介します。
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのしつけ方や性格を紹介します。立派に育ててあげましょう。
シェルティー
シェルティーのしつけ方や性格について紹介します。シェルティーの性格を考えた上でしつけをすることが大事です。
ラフコリー
ラフコリーのしつけ方や性格を紹介します。ラフコリーにはどのようにしつけをすればいいのでしょうか?
ビアデッドコリー
ビアデッドコリーのしつけ方や性格を紹介します。ビアデッドコリーを効率よくしつけるにはどうすればいいのでしょうか?