シェルティー しつけ

シェルティーの性格

シェルティーの正式名称は「シェットランドシープドッグ」です。

 

長いので、略称であるシェルティーでお話します。

 

シェルティーの性格ですが、穏やかで知的、飼い主に忠実です。しつけや訓練なども得意と言えます。

 

家族であれば子供などでも我慢強い対応をすることが出来る場合が多いです。

 

家族以外では、警戒心が強い場合もあり場合によっては吠えることも考えられます。

 

しかし、怪しい物音や人影等にも警戒心を抱くので番犬としても役立つ存在になるでしょう。

 

シェルティーの価格は10万から20万位が相場です。

 

 

シェルティーの飼育について

 

シェルティーの飼育や飼いやすさについてですが、運動量が膨大です。

 

しかし、状況判断能力に優れている特徴があります。

 

毎日の、簡単な散歩だけではシェルティーの本来の能力を発揮出来ない場合もあるのです。

 

散歩について言えば、毎日、朝夕2回、30分程度の運動を行って欲しいと思います

 

安全な場所でのドッグランなどもした方がよいでしょう。

 

自宅においても、番犬としての仕事を与えればやってくれる犬です。

 

 

 

シェルティーのしつけ方

 

シェルティーはしつけ方のコツがあります。

 

仕事を与えるような感じで、しつけや訓練を行うがよいでしょう。

 

遊びなどの感覚ではなく、仕事のような感じでしつけるのがポイントです。

 

多くの場合が、喜んでやってくれると思います。

 

ただし、飼い主とシェルティーの間に信頼関係がなければ行けません。

 

頭がいい犬なので、飼い主の一貫性のないトレーニングでは受け入れられないことが多いです。

 

シェルティー自体が、非常にまじめな犬で、一貫性のないしつけや訓練はふざけているように感じられてしまいます。

 

常に気を抜かないようにトレーニングに励むようにしてください。

 

シェルティーは、辛抱強く、従順で温厚な性格です。

 

非常に賢い犬でもありますので、長く可愛がってあげてください。

 

人間と良い関係を作れるように努力しましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

シェルティーのしつけ方関連ページ

ボーダーコリー
ボーダーコリーのしつけ方や性格・育て方を紹介します。ボーダーコリーにはどのようなしつけが有効なのでしょうか?性格も合わせて紹介します。
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのしつけ方や性格を紹介します。立派に育ててあげましょう。
ジャーマンシェパード
ジャーマンシェパードのしつけ方や性格などを紹介いたします。ジャーマンシェパードにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか?
ラフコリー
ラフコリーのしつけ方や性格を紹介します。ラフコリーにはどのようにしつけをすればいいのでしょうか?
ビアデッドコリー
ビアデッドコリーのしつけ方や性格を紹介します。ビアデッドコリーを効率よくしつけるにはどうすればいいのでしょうか?