ウェルシュ・コーギー・ペンブローク しつけ

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、コーギーの愛称で親しまれている犬です。

 

性格的に優しく従順で知的な種類の犬となります。

 

知らない人に対しては、用心深い性格で、かなり吠える事もあるのです。

 

そういうことを考えれば番犬としての能力もあります。

 

しかし、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、一度、信頼関係が構築されると親しみやすく知的に落ち着いて接してくれるようになるのです。

 

子犬の頃は、性格的に落ち着きがないことが多いと言えます。

 

しかし、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、子犬の頃から、家族として社交性や飼い主の愛情を注いだ信頼関係が構築出来れば良き家庭犬に成長するはずです。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの価格は13万から25万位が相場となります。

 

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼いやすさ

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼いやすさですが、育て方で問題となるのが、食事と運動です。

 

運動能力が高く、一般家庭の短い散歩による運動だけでは、多くの場合が肥満体型になってしまいます。

 

食事量と運動のバランスが大事です。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークが肥満体型になってしまうと病気などの心配もあります。

 

背骨を傷める原因となる椎間板疾患を引き起こす可能性もあるのです。

 

餌を欲しそうでも、安易に上げることなく甘やかさないように、食事と運動のバランスが大事だと言えるでしょう。

 

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの食事と運動のバランスをきちんと、とってあげることが大事です。

 

 

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのしつけ方

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークですが、元は牛追い用の犬として使われていました。

 

そのことから状況判断能力が高いです。学習能力も高いと言えます。

 

体を動かす意識も強いと言えるでしょう。

 

しつけ方のポイントとしては、「オスワリ」「マテ」「フセ」などの基本的なしつけは食事の前に短時間で行うようにしましょう。

 

子犬の頃から、しつけや訓練の反復練習をさせておくことで、成長すると共に飼い主の指示に対して的確な行動が出来る素晴らしい犬になっていくでしょう。

 

牛追い犬として活躍していただけあり、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは状況判断が特に優れていると言えます。

 

大切に育てて上げましょう

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのしつけ方関連ページ

ボーダーコリー
ボーダーコリーのしつけ方や性格・育て方を紹介します。ボーダーコリーにはどのようなしつけが有効なのでしょうか?性格も合わせて紹介します。
シェルティー
シェルティーのしつけ方や性格について紹介します。シェルティーの性格を考えた上でしつけをすることが大事です。
ジャーマンシェパード
ジャーマンシェパードのしつけ方や性格などを紹介いたします。ジャーマンシェパードにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか?
ラフコリー
ラフコリーのしつけ方や性格を紹介します。ラフコリーにはどのようにしつけをすればいいのでしょうか?
ビアデッドコリー
ビアデッドコリーのしつけ方や性格を紹介します。ビアデッドコリーを効率よくしつけるにはどうすればいいのでしょうか?