犬の名前について

犬の名前について

犬の名前についてですが、どのような名前を付けるかも犬を飼う楽しみの一つだと思います。

 

昔は犬の名前は「ポチ、ジョン、エス」辺りが多かったようです。他にも名犬ラッシーにちなんでラッシーと付ける犬もいました。

 

中には、「オバマ」とか「ブッシュ」、「ケネディ」などアメリカ大統領の名前を犬の名前にしてしまう人もいるようです。

 

ちなみに、私の知人で犬を飼っている人がいますが、メス犬の名前は「ブス」オス犬の名前は「タマ」でした。

 

親父が名前を付けたと言っていましたが、何から取ったのかよく分からない名前でした。

 

メス犬を呼ぶ時に「ブス」とか呼ぶわけで、犬の同情したりすることもありましたね。

 

 

犬の名前を付けるコツ

 

犬の名前を付けるのですが、コツがあります。

 

それは長すぎる名前にはしないことです。

 

他にも、凝った名前やややこしくて発音が難しい名前も止めておいた方がいいでしょう。

 

犬の感覚からすると、自分に名前があるとは知りません。名前と言う概念が無いのです。

 

名前を呼ばれたとしても「自分のことを呼んでいる」とは思いません。

 

しかし、繰り返し呼んでいると「何か特別な意味があるのでは?」という感覚になっていきます。

 

飼い主の様子などから特別な意味を持つものだと理解するのです。

 

犬の名前は、子犬にも伝わりやすいようなシンプルな名前にした方が良いと言えます。

 

もちろん、音の響きなども考えてつけるといいでしょう。

 

また、家族や色々な人が覚えやすくて呼びやすい名前がいい名前と言えるのです。

 

 

 

犬の名前のまとめ

 

犬の名前のまとめですが、発音が難しい名前、やたら長い名前、覚えにくい名前は避けるようにする

 

シンプルで響きのよい名前がベストと考える

 

これを覚えておいてください。その犬にとって可愛い名前や格好いい名前をつけてあげてください。

 

くれぐれも「ワキノシタクサタロー」とか変な名前は付けないでくださいね。

 

犬の名前が犬とか・・・(汗

 

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。