犬 迷子

犬は迷子になっても家に帰ってこれるのか?

犬は迷子になっても家に帰ってこれるのでしょうか?

 

テレビなどで迷子になってしまった犬が自力で家まで帰ってくる現象を見たことがある人もいるかと思います。

 

元の場所に帰ろうとする能力を「帰巣本能」と言うのです。

 

この帰巣本能が犬にもあるのかは謎とされてきました。

 

犬を飼ったことがいるのであれば分かると思いますが、鎖が取れて脱走してしまうことがあります。

 

しかし、多くの場合が近所で発見されて引き取りに行っているのではないでしょうか?

 

このように犬の場合は、近所であっても迷子になってしまうことが多いのです。

 

さらに、室内犬では帰巣本能が備わっていないと考えられていました。

 

しかし、稀に戻ってくる犬もいるのです。このため、犬に帰巣本能があるのかどうかは未だに謎とされています。

 

分かっているのは、すべての犬が迷子になっても家に帰ってこれるわけではないと言うことです。

 

尚、迷子になっても普段の散歩コースの場合であれば自力で家に帰ってこれることが多いとされています。

 

 

 

犬の迷子防止

 

犬の迷子防止についてですが、外出が多い犬であれば、迷子防止として札に名前を付けておくことが大事です。

 

首輪に迷子札をつけておくことが大事だと言えます。

 

迷子札には、犬の名前と犬種、飼い主の連絡先を忘れずに書いておく必要があるのです。

 

旅行中に迷子になってしまうこともあるので、自宅の電話番号や携帯電話番号も記載しておきましょう。

 

普段から犬の名前を読んだだけで飼い主の所に来るように、しつけることも大事だと言えます。

 

尚、現在ではネット上に迷子の犬の掲示板もあるのです。

 

効果的に使うことが出来れば、迷子に犬を早期発見出来る場合もあります。

 

尚、迷子札を付けていないと、犬が処分されてしまう可能性もあるわけです。

 

よって、愛犬のことを大事に思うのであれば、犬札を付けるようにしてください。

 

犬札がついていれば連絡してくれる場合が多いのです。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。