犬が地面に体をこすりつける理由

犬が地面に体をこすりつける理由

犬が体を地面にこすりつける行動を見たことがないでしょうか?

 

特にシャンプーなどをしたと思ったら、すぐに背中などの体を地面にこすりつけはじめる犬もいます。

 

これを見ると「せっかくシャンプーしてあげたのに!!」と激怒する飼い主もいる位です。

 

犬にとっては、匂いと言うものは大変重要になります。

 

自分の体臭は情報源になっていて自己アピールするための必要な匂いが薄れることは困ったことになるのです。

 

つまり、シャンプーした後に体を地面にこすりつける行為は、臭いを消したい行動になります。

 

もう一つの理由としては、ダニやノミなどが体に寄生している可能性もあるのです。

 

この場合は、獣医に診断してもらった方がよいでしょう。

 

犬が地面に背中などをこすりつける行為はちゃんとした理由があると言うことです。

 

 

犬の被毛の手入れ

 

犬の体の被毛を清潔にしておくことは大事なことです。

 

しかし、私たち人間がお風呂に入る感覚で毎日、シャンプーしてしまうのは良くありません。

 

先にお話したように、犬自身の匂いが消えてしまうことです。

 

他にも、清潔にこだわり過ぎて洗いすぎてしまうと自然分泌される皮脂の量が減ってしまいます。

 

皮脂の量が減ってしまうと体をバリアする機能が低下して皮膚病になってしまうこともあるのです。

 

被毛の長さや犬のライフスタイルにもよりますが、1ヶ月に1回を目安にしてください。

 

尚、シャンプーした後に犬が体を地面にすぐにこすりつけるからと、またすぐにシャンプーをしてはいけません。

 

覚えておいてください。

 

シャンプーの前にはブラッシングをするようにして汚れやフケを取り除くようにしましょう。

 

 

犬と換毛期について

 

ちょっとした豆知識です。

 

犬は日照時間の長さで季節の移り変わりを判断しています。

 

日照時間により換毛期を判断するのです。

 

しかし、深夜まで電灯の光を浴びている犬は季節の変化を感じるとことが出来ません。

 

換毛期の判断も乱れがちです。

 

飼い主も犬の体調を気遣って生活のリズムを崩さないようにしましょう。

 

 

犬が地面をこすりつける理由のまとめ

 

犬が地面に体をこすりつける理由ですが、自分の体以外の匂いを落とそうとする行為です。

 

犬にとっては、自分の匂いは他に犬へのアピールなどになるので非常に大事な要素となります。

 

あと、ノミやダニによる病気の可能性もあるので、気になるようでしたら病院に連れて行って下さい。

 

尚、シャンプーのし過ぎは犬が病気になる可能性が高まるので注意してください。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。