犬は水泳が得意なのか?

犬は水泳が得意なのか?

犬は水泳が得意なのかですが、犬かきで泳げるから間違いなく得意だと考えるかも知れません。

 

他にも、ニューファンドランドなどは水難救助犬として活躍しています。

 

ニューファンドランドに限って言えば、水難救助犬なので泳げなければ話にならないと思いますが・・・。

 

犬が水泳が得意なのか?の答えを言ってしまうと、

 

水泳が得意な犬もいるが、水泳が苦手な犬もいると言うことです。

 

詳しく解説したいと思います。

 

 

犬は水泳が得意なのか?

 

犬に多い勘違いで、すべての犬が犬かきで泳げると思っている人がいることです。

 

全ての犬が犬かきが得意で泳ぎのプロではないと言えます。

 

水遊びが好きな犬もいて、自分から水の中に遊びで入ってしまう犬もいることは間違いありません。

 

しかし、犬は基本的に濡れるのが嫌で水を怖がる犬もいる位です。

 

飼い主と水遊びなどをしていると、段々と水に慣れてきて次第に犬かきが出来るようになることが多いと言えます。

 

犬種によっても泳ぎが得意な犬もいますし、苦手な犬もいるのです。

 

 

泳ぎが得意な犬と苦手な犬

 

泳ぎが得意な犬は、元々、人間の狩りの手伝いをしていて水辺から獲物を回収する仕事をしていた犬に多いです。

 

水難救助犬として活躍するニューファンなどはもちろん、水泳が得意ですし、ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーなども得意と言えます。

 

逆に、フレンチブルドッグやダックスフンドなどは水泳が苦手な犬です。

 

さすがにブルドッグやダックスフントがすいすい泳ぐところは想像が出来ませんね。

 

 

犬と水泳練習

 

先ほど、水泳が得意な犬と苦手な犬がいる説明をしましたが、重要なことがあります。

 

それは、どんな犬種でも最初は泳ぐ練習が必要だと言うことです。

 

徐々に水の浅い部分から水に慣らして行くことが大事です。

 

体の小さい小型犬であれば、飼い主が体を支えるなどして水に体が浮くということを学習させる必要があります。

 

割とやってしまいがちなのが、水を怖がっている犬を無理やり水の中に入れてしまうパターンです。

 

嫌がっている犬を無理やり水に入れたりすると水嫌いになる可能性が高いと言えます。

 

水嫌いになってしまうと水泳だけでなくシャンプーを嫌がったり水遊びも嫌いになったりするのです。

 

 

 

犬を泳がせる上での注意点

 

犬を泳がせる上での注意点ですが、ある程度泳げるようになったとします。

 

しかし、海などで泳がせるのは大変危険です。

 

何故なら犬はペース調整が出来ないからとなります。

 

人間であれば20メートル泳いだら休憩しようとか調整が出来ますが、犬は出来ません。

 

犬が沖まで泳ぎにいってしまい帰って来られなくなってしまった犬もいるのです。

 

十分に気を付けてください。

 

 

泳ぎが得意な犬の毛

 

泳ぎが得意な犬としてゴールデンレトリバーがいます。

 

ゴールデンレトリバーの毛は、まっすぐで柔らかい系が密生しているのが特徴です。

 

この毛が水の中でも体を冷やさないための毛になります。

 

体温を冷やさないようにしっかりと守ってくれるのです。

 

他にも、水泳が得意な犬は水をはじけばすぐに乾くなど水に強い仕組みになっています。

 

これらの犬は水に強くなるように改良されてきた結果と言えるでしょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。