餌 丸呑み

犬は餌の丸呑みが普通なのか?

犬の食べ方を見ていると丸呑みしていることに気がつかないでしょうか?

 

餌を噛まずに丸呑みしているのです。

 

これについては、ごはんをかまずに一気食べをして犬はお腹をこわさないのか?と疑問に感じる人もいます。

 

私自身が実際に疑問に思いました。

 

人間の場合であれば食べ物を口の中で咀嚼することで消化しやすい大きさに噛み砕き唾液と混ぜ合わせます。

 

デンプンとの1時消化を行った後に胃袋に食べ物を送るのです。

 

しかし、犬はこのような食べ方をしません。どちらかと言うと、丸呑みでガツガツ食べているような感じではないでしょうか?

 

犬が餌を丸呑みする一番の理由は、犬の歯には食べ物をすり潰す機能がないのです。

 

しかし、丸呑み出来る位の大きさに噛むだけの役割はあります。

 

犬の場合であれば、飲込める位の大きさに餌がなれば全部丸呑みしてしまうと言うことです。

 

 

犬の歯の役割

 

犬の歯の役割を紹介したいと思います。

 

犬の歯と言うのは、主に4つの歯があるのです。

 

どの歯がどういう役割をするのか勉強しておきましょう。

 

 

 

後臼歯(こうきゅうし)

 

主に犬の奥歯になります。

 

獲物を逃がさないためにしっかりと咥えたり、

 

食べ物をかみ砕くために使う歯が後臼歯です。

 

 

 

前臼歯(ぜんきゅうし)

 

奥歯の前にある歯のことを指します。

 

前臼歯で食べ物をハサミのように引きちぎることが出来るのです。

 

 

 

犬歯

 

犬が特に発達している歯になります。

 

一番長い尖った歯と言えば分かるでしょう。

 

犬が獲物を捕えた時に、獲物に致命傷を与えるための歯です。

 

 

 

切歯

 

犬の前歯に当たる歯です。

 

食べ物を噛み切ったり、かじったり切り裂くための歯になります。

 

毛づくろいなどにも、切歯は使われるのが特徴です。

 

 

 

犬のよだれについて

 

犬のよだれについての豆知識を紹介します。

 

犬がよだれを垂らしているところを見ると「はしたない犬だ」と思うかも知れません。

 

しかし、犬のよだれを言うのは、犬にとってなくてはならないものです。

 

犬のよだれには、酵素などの他にも殺菌作用がある成分なども含まれているのです。

 

犬は人に比べるとよだれの量が多いと言えます。

 

その関係で口内のPHがアルカリ性に傾きやすいのです。

 

このことから犬と言うのは、人間に比べると虫歯になりにくいという特徴があります。

 

今度、犬がよだれを垂らしていたら汚いと思うのではなく、殺菌しているとみた方がいいのかも知れませんね。

 

最後の方は、話しがかなりずれてしまいましたが、犬は餌を丸呑みするのが普通だということを覚えておいてくださいね。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。