犬 餌

犬も毎日同じ餌だと飽きるのか?

犬は基本的に毎日同じ餌を食べます。

 

毎日、ドッグフードでも好きであれば残さず食べるのが普通です。

 

しかし、犬は毎日同じ餌ばかり食べて飽きないのか?と感じる人もいるのではないでしょうか?

 

最初に答えを言ってしまうと、犬は毎日好物であれば飽きることはありません。

 

これは犬だけでなく猫などの動物全般に言えることです。

 

しかし、よほど味覚が発達した犬であれば餌に飽きる可能性もあるかも知れませんね。

 

 

犬の餌は匂いで決まる

 

人間で考えると、料理の味と言うのは非常に重要です。

 

パンなどでは、焼きたての凄く美味しそうな匂いがあるのに食べてみたら、普通だったとかないでしょうか?

 

しかし、犬であれば重要なのは味よりも匂いなのです。

 

犬の味覚に限って言えば人間の1/5位しかないとも言われています。

 

犬に取ってみれば味よりも食べ物が新鮮なのか?腐っていないか?などの方が重要なのです。

 

味覚としては、甘いや酸っぱい、辛いと言った感覚はあるようなのですが、重要なのは嗅覚になります。

 

よって、ドライフードよりもウェットフードの方が匂いが強烈で美味しそうと感じる場合が多いのです。

 

特に、ウェットフードに限らず、ドッグフードでも開封直後が最も匂いが強いため開封直後が一番おいしそうと感じるのです。

 

 

犬が餌を食べない時や残す時

 

健康で十分な散歩や運動が出来ていて普通に餌を食べるのであれば特に餌を変える必要はありません。

 

しかし、老犬になると夏バテなどで食欲が無くなってしまう場合もあるでしょう。

 

いつもと違う餌にして匂いの違うもので嗅覚を刺激すると食欲が回復する場合があるのです。

 

しかし、犬と言うのも利口なところもあります。

 

「食べずに我慢していると、いい食べ物が出る」と犬に思わせないことも大事です。

 

犬が餌を残したり食べない時は、高級な餌よりも匂いの違う餌でまずは食欲を誘ってみましょう。

 

 

犬のおやつ

 

犬をしつけるためにおやつを使っている人も多いのではないでしょうか?

 

犬が上手く出来たらご褒美のおやつをあげることです。

 

しかし、おやつをあげすぎると犬は肥満になります。

 

犬におやつを与える時は、1日の食事の10%にとどめておいてください。

 

尚、おやつを与えた場合は、食事量を10%減らすなどして1日のカロリー調整をしてあげましょう。

 

犬が可愛くて餌をたくさん与えたくなる気持ちは分かりますが、犬のことを考えたら飼い主が肥満防止対策をとる必要があります。

 

おやつを与える場合も、1日の中でのカロリー調整はしっかりと行いましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。