犬 体温調節

犬は舌で体温調節しています。

夏の暑い日などに犬が舌を出して「ハアハア」しているところを見たことがないでしょうか?

 

犬がハアハアして呼吸が荒いのは別に疲れたからではありません。

 

ハアハアすることで舌で体温調節をしているのです。

 

人間の場合ですと、暑い時は全身で汗をかいて体温を下げます。しかし、犬の場合は足の裏位しか汗をかくことが出来ません。

 

犬は暑い日などは、舌をだして「ハアハア」と荒い呼吸をすることで体温調節をしているのです。

 

つまり、舌から水分を蒸発させて体温を下げようとしていると言えます。

 

特に子犬や老犬、肥満化した犬などは熱中症になりやすいです。

 

散歩中であれば水分補給をこまめに行うようにしましょう。

 

真夏などの暑い時に散歩する場合は、十分に気を付けてください。

 

尚、犬が舌を出して「はあはあ」と呼吸が荒い場合ですが、体温調節以外の場合もあります。

 

興奮したり、不安になったり、緊張している時なども呼吸が荒くなる傾向があるのです。

 

犬の健康管理にも気を配ってあげましょう。

 

 

犬が呼吸が荒いのは病気の可能性もあります。

 

犬が舌を出して呼吸が荒いのは、先にはなした体温調整や感情の不安定以外にも病気の場合もあるのです。

 

安静にしているはずなのに、いつまでも舌を出して「ハアハア」と苦しそうにしている場合があります。

 

その場合は犬自体が病気になり体の健康を害している可能性もあるのです。

 

発熱が原因で、舌を出して「はあはあ」することで熱を下げようとしている場合もあります。

 

中には、呼吸器や循環器の病気の可能性もあるので注意してください。

 

場合によっては、動物病院に連れて行く必要があるでしょう。

 

 

犬が自分の体を舐め続ける場合

 

犬の体温調節とは別の話ですが、ちょっとした豆知識を紹介したいと思います。

 

犬が自分の体を舐め続けることがないでしょうか?

 

もちろん、怪我をした時や毛づくろいであれば健全な行為です。

 

しかし、中には不安やストレスで自分の体を舐め続けてしまう犬のいます。

 

犬がストレスを溜めないために生活の見直しなどもかけていくとよいでしょう。

 

場合によっては、専門家に相談することも大事です。

 

 

今回のまとめ

 

犬がハアハアするのは、主に体温調整だと言うことです。

 

暑いから呼吸を荒くすることで、舌から水分を蒸発させています。

 

子犬や老犬、肥満犬などは体温調整が難しく熱中症になりやすいので気を付けてください。

 

散歩中であってもいつでも、水を飲める環境にいることが大事です。

 

真夏の暑い時は、散歩をしないようにするなど犬の身になって考えてあげてください。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。