犬 散歩

犬は何故散歩が好きなのか?

犬は散歩に行くとなると大喜びするところを見たことがないでしょうか?

 

確かに散歩があまり好きでない犬もいますし、年齢とともに散歩に行くのが面倒になる犬もいます。

 

しかし、多くの犬は散歩が大好きです。犬はなぜ散歩が好きなのか?について解説します。

 

ほとんどの犬にとって散歩が一日の中で一番の楽しみです。

 

もちろん、散歩と言うには運動にもなるので犬に取っていればストレス発散の場でもあります。

 

しかし、運動が出来るから散歩が好きと言うだけでもないのです。

 

信頼関係のある大好きな飼い主と一緒に出かけれることが嬉しい場合も多々あります。

 

犬と一緒に歩いたり公園などで遊んだりドッグランをすることで犬と人間のきずなが強まり信頼関係も深めることが出来るのです。

 

 

 

犬の散歩が大事な理由

 

犬の散歩が大事だと言うことは知っているかと思います。

 

犬が何故散歩が好きなのか?ですが、先にお話したように運動と飼い主とのコミュニケーション以外にも意味があるのです。

 

散歩と言うのは、外を出歩く行為になります。人間でも旅行に行ったりすると気分転換になるはずです。

 

犬も同じように散歩をすることで気分転換になったりします。

 

他にも、外で匂いを嗅いでみたり他の犬との交流は犬にとってストレス発散の場でもあるのです。

 

特に、子犬の頃から散歩などをしっかりしておくと、成犬になった頃には社交性が高い犬になることが多いと言えます。

 

このように散歩をすることは、犬にとっては非常に重要な時間なのです。

 

 

 

犬の散歩時間について

 

よくある質問で犬の散歩時間はどれ位がいいのでしょうか?と聞かれることがあります。

 

犬の散歩時間の答えについてですが、犬種によって違うと言うことです。

 

大型犬であれば1日に朝夕の1時間ずつ位の散歩が適量です。

 

さらに、ドッグランなどもさせたい位の散歩量や運動量が適量と言えます。

 

しかし、小型の座敷犬などでは1日に10分を2回程度で十分です。

 

他にも、牧羊犬や狩猟犬と言ったタイプの違いでも散歩時間は変わっています。

 

犬の散歩時間の適量を考えてみると、散歩から帰ってきてしばらくするとウトウトと眠りだす位が丁度いい時間です。

 

犬にとってほどよい疲労感があることが大事になります。

 

尚、仕事などが忙しくて散歩の時間がない場合も考えられます

 

犬選びの段階から散歩時間のことも考えることが大事だと言えるでしょう。

 

 

 

犬のリードについて

犬は散歩の時は、リードを着用しなければ行けません。

 

公園などでは、犬のリードを外している飼い主も見かけることがありますが、

 

犬は許可された場所以外ではリードの着用が義務付けられているのです。

 

周囲の方に迷惑のことも考えたり、犬にとっての安全を考えてみると散歩中のリードの着用は確実に行いましょう。

 

犬の散歩ではマナーを守ることも大切なことです。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。