犬 夢

犬は夢を見るのか?

犬も人間と同じように夢を見るのか疑問に感じる人もいるかと思います。

 

実際に夢を見るかですが、犬も夢を見るとされているのです。

 

もちろん、どのような夢を見ているかは、その犬にしか分かりません。

 

案外、御馳走をもらう夢を見る犬もいれば、メス犬に囲まれている夢を見る犬もいるかも知れませんね。

 

 

 

犬は、1日のうちの12時間から15時間の睡眠時間を取ります。

 

人間と同じように、昼間は起きていて夜は寝る活動をしているのです。

 

飼い主がいない場合は、日中でも眠っている犬もいます。

 

犬の睡眠時間のうちの8割ほどはノンレム睡眠だと言うことが分かってきました。

 

 

ノンレム睡眠という体の緊張は保っているが、脳の中は寝ている状態です。

 

物音などがすると、すぐに目が覚める状態と言えます。

 

ノンレム睡眠の時は、犬も人間と同じように夢を見ないとされているのです。

 

しかし、残りの2割はレム睡眠になります。

 

 

2割のレム睡眠の状態は、ちょっとやそっとでは起きない状態です。

 

レム睡眠は、深い眠りと言うことになります。

 

この時に、体は眠っていますが、脳の一部は起きている状態です。

 

レム睡眠の状態になると犬も人間と同じように夢を見るとされています。

 

犬が寝ていて突然、跳ね起きた時を見たことがありませんか?

 

そのような時は、怖い夢を見てはね起きたのかも知れませんね。

 

 

 

犬が寝ている時にしては行けないこと。

犬も人間と同じように睡眠が非常に大事なのです。

 

犬も睡眠時間を取らないと死んでしまうと言えます。

 

睡眠の時間と言うのは、脳が記憶を整理したり成長ホルモンが分泌されたりと犬の健康にとって非常に重要な時間なのです。

 

犬と遊びたい時もあるかも知れませんが、犬が寝ている時は無理に起こさないようにしてあげましょう。

 

 

あと、犬の睡眠の環境を整えてあげることも大事です。

 

人間であっても煩いところだと眠れないと思います。

 

犬も同じように煩い場所では、健康な睡眠をとることが出来ません。

 

犬も煩い場所では警戒心が働いてしまい質の良い眠りが出来ないと言うことです。

 

犬が寝る場所は静かな場所に用意してあげることが理想だと言えます。

 

 

犬の睡眠に関する豆知識

 

犬は体を壁にくっつけていた方が楽に寝れるとされています。

 

巣穴程度で構いませんので、薄暗く方向転換出来るだけのスペースがあれば問題ありません。

 

夏場などは、犬小屋の床に冷却マットなどを敷いてあげると快適に過ごせる場合があります。

 

犬の健康を考える上で睡眠は重要です。飼い主が快適な空間を作ってあげてくださいね。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。