遠吠え

犬が遠吠えする理由

犬のご先祖様であるオオカミは、集団で生活をしていました。

 

犬の遠吠えは、広い野山で遠くにいる仲間に向かって「僕はここにいるよ〜。」とアピールするために行われました。

 

自分の存在を仲間にアピールするために遠吠えをしていたのです。

 

山の中では、何頭もの犬が吠えあっていました。

 

犬独特の症状なのですが、他の犬の鳴き声に反応して自分の家の犬も鳴き始めることはなかったでしょうか?

 

これも遠吠えの名残になります。一頭が鳴きだすとつられて「何?」と吠えてしまうのです。

 

他の犬の遠吠えが無くても吠えてしまう場合は、遠くで聞こえる音など何かの反応に刺激して吠えている可能性もあります。

 

負け犬の遠吠えという言葉もありますが、多くの場合はオオカミの頃からの習性が原因になっている場合が多いのです

 

 

負け犬の遠吠えについて

 

負け犬との遠吠えという言葉は多くの方が聞いたことがあると思います。

 

負け犬と言うのは、相手を侮辱する言葉でいい言葉ではありません。

 

尚、30代を超えていて子供がいない女性のことを負け犬と呼んだりすることもあります。

 

酒井順子さんの「負け犬の遠吠え」という書籍がブレイクしたこともありましたね。

 

そのような侮辱的な言葉は言うべきではないでしょう。

 

話は変わりますが、テレビの企画でオオカミの遠吠えをバウリンガム(犬の言葉が分かり機械)を使い調べてみたことがありました。

 

群れから離れた一匹狼の鳴き声を調べてみたのです。それによると、

 

オオカミの遠吠えは「僕は、どうすればいいの?」でした。

 

何となく気持ちが分かる気がするのはきのせいでしょうか?

 

 

 

寂しさから鳴く犬

 

犬の遠吠えについてですが、自分の存在をアピールする以外にも寂しから鳴く犬もいるのです。

 

特に犬種によっては、かなり寂しがり屋の犬もいます。

 

元々、犬と言いうのは群れを作り集団で生活をしていました。

 

そのことから一人ぼっちや相手にされないなどは我慢が出来ません。

 

家族から離れて庭に出されたり、飼い主が留守がちになると寂しくなってしまい。

 

「くう〜ん、くう〜ん」と鳴いて飼い主を呼ぶことがあるのです。

 

庭につないでおくと、夜になると遠吠えしてしまうのは、静かで刺激が全くないので寂しさから仲間にメッセージを送っている場合もあります。

 

 

 

外泊出来る犬になるには?

 

外泊が出来る犬になるには、子犬の頃から外出できる犬にしつけておく必要があります。

 

家族で旅行に行く時や緊急時にペットホテルに預けられる犬になるには、子犬のうちから外泊の練習をさせておく必要があります。

 

トイレ、ケージ、食器、食事、おもちゃなどを用意して友人宅に一泊などさせるようにすると効果的です。

 

子犬の頃からの慣れが必要だと言うことが言えます。

 

遠吠えしないようにしつけることも可能なので、しっかりと可愛がってあげてください。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。