マーキング

犬がマーキングをする理由

犬がマーキングする理由を紹介したいと思います。

 

ちなみに、この画像は犬のおしっこで腐食してしまった街頭です(汗

 

多くの方が犬が後足を上げて電柱におしっこをかけているところを見たことがあるのではないでしょうか?

 

犬のことを全く知らない人だと、犬も排尿したくなったと考えるかも知れませんね。

 

この電柱などに排尿する行為は、トイレに行きたいだけでなく「マーキング」という犬ならではの行為なのです。

 

犬が電柱や目立つものなどに、マーキングをする理由は自分の存在を他の犬にアピールするための行為となります。

 

マーキング行動とも呼ばれるのですが、主にオスもメスも両方の犬が行うのです。

 

特にオスの成犬が、自分自身のおしっこを他の犬のおしっこの上にすることで、自分もここを通ったとアピールしています。

 

犬と言う動物は性質上、知っている場所でも知らない場所でも、自分の匂いを付けることでアピールする分けです。

 

 

 

犬がマーキングをする場所

 

犬がマーキングをする理由は、先にお話した通り自分の存在をアピールするために行います。

 

よって、他の犬が気付かない場所にマーキングをしても仕方がないわけです。

 

目立つ場所にマーキングをするのが犬の特徴となります。

 

裏を返せば目立つ場所は犬が集中的にマーキングを行う場所でもあるのです。

 

電柱だけでなく街灯や街路樹などに集中しておしっこをされる可能性があります。

 

さらに、おしっこをかける場所は、犬の鼻と同じくらいの高さの場所が人気のマーキングスポットです。

 

 

 

おしっこの匂いについて

 

犬のおしっこの匂いは人間にとってはかなり不快なものだと思います。

 

特に室内犬で、部屋の中におしっこをかけられたら溜まったものではないでしょう。

 

人間にとっては犬の尿は不快なものですが、犬にとっては犬の性別や発情状況が分かるなど犬の情報が満載なのです。

 

犬社会においては、マーキングは名刺のようなものとなります。

 

さらに、他の犬の上におしっこをかけても、情報はしっかりと残っているのです。

 

しかし、犬にとっては当たり前の行為ですが、人間にとっては不快な行為となります。

 

よって、散歩中などで民家や街中でおしっこをさせないようにしつけることが大事です。

 

もちろん、民家だけでなく人の多いところでもマーキングをさせないように躾をすることが大事となります。

 

 

 

犬のマーキング防止

 

犬のマーキング防止ですが、人間と犬の関係の作り方に問題がある場合が多いです

 

散歩中は、自由時間で「犬が自由にしていい」という感覚でいると、マーキングをすることが多くなる傾向にあります。

 

つまり、散歩中も犬が何をしてもいいと言うわけではなく、飼い主が見張っていることが大事です。

 

リードを引っ張るなどして、マーキング防止が出来る関係が理想となります。

 

マーキング防止グッズなどもありますので、そちらを試してみるのも良いかも知れません。

 

マーキング防止出来るかも、飼い主のしつけの上手さに起因していることが多いです。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。