ウィペット しつけ

ウィペットの性格

ウィペットの性格は、活発でいて愛情豊かであり、甘えん坊でいて忠実です

 

何となく、愛嬌のある犬に思えてこないでしょうか?

 

飼い主のことが好きで、飼い主といるのが一番居心地がいいと感じる性格です。

 

室内では、大人しいことが多いと言えます。飼い主といると安心感を感じるのではないでしょうか。

 

しかし、外に出ればアクティブに変わることもあります。

 

知らない人に対しては、よそよそしいことが多いです。

 

番犬の役目もしつければこなすことも出来るようになります。

 

お子さんとも遊ぶことが出来ますし、しかし、動物としての本能が残っているか

 

屋外では小動物をとっさに追い掛けてしまうこともあります。

 

気を付けてください。

 

 

ウィペットのしつけ方

大人しい性格ですが、飼い主に対して忠実で学習能力も高いです。

 

よって、しつけに関してはやりやすいと思います。

 

子犬の頃から、基本的な「おすわり」や「まて」などをしつけるようにしてください。

 

上手に出来たらご褒美をあげるという流れが普通です。

 

上手に出来たらご褒美をいうことを覚えさせておくとよいでしょう。

 

ウィペットの危険回避のために「やめ」などもしつけておきたいところです。

 

ウィペットの動きをコントロールできるように子犬の頃から積極的にしつけましょう。

 

 

ウィペットの散歩

 

ウィペットは、非常に筋肉質な体型をしています。

 

もちろん、瞬発力も高く運動神経は抜群です。

 

最低でも毎日30分程度の散歩はした方がよいでしょう。

 

ウィペットは、筋力があるのでジョギングも含めた運動をお勧めします。

 

朝夕の2回散歩時間を取ってやるのがベストです。

 

 

 

ウィペットの飼いやすさ

 

ウィペットは、体臭も少なく毛の手入れも簡単です。

 

その点では飼いやすいと思います。

 

体の毛の艶を維持するにも、毎日獣毛ブラシでブラッシングすれば問題ありません。

 

シャンプーも定期的に行うことをお勧めします。

 

ウィペットは、飼い主のことが好きで、本来従順な犬です。

 

体格がいいので、初心者には扱いにくい所もあるかと思います。

 

それでも、しつけをしっかりして凶暴にしないように気を付けてください。

 

賢くいい犬なので、可愛がって欲しいと思います。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

 

ウィペット関連ページ

イタリアングレーハウンド
イタリアングレーハウンドのしつけ方・性格などを紹介します。
ボルゾイ
ボルゾイのしつけ方や性格を紹介します。
アフガンハウンド
アフガンハウンドのしつけ方や性格を紹介します。
サルーキ
サルーキのしつけ方や性格を紹介します。紀元前7000年まで遡ることが出来る犬種です。