ボロニーズ しつけ

ボロニーズのしつけと性格を紹介します。

ボロニーズの性格は活発に動き回る犬ではありません。

 

どちらかと言うと内気な性格をしていることが多いです。

 

やや内気位の性格となります。犬種別のグループでは第9グループの愛玩犬です。

 

しかし、家の中にばかりいることを好むわけでもありません。

 

散歩や遊びなども好きな場合が多いです。やや内気な性格ではありますが、見知らぬ人に対しては好意的に接する場合が多いと言えるでしょう。

 

原産国はイタリアのボローニャ地方です。

 

 

ボロニーズのしつけ方

 

ボロニーズのしつけ方ですが、小型犬ですので初心者の方にもしつけはやりやすいはずです。

 

年配の方にもお薦めは出来ます。

 

耐寒性は普通位ですが、健康管理が比較的簡単と言えるでしょう。

 

子犬のうちから甘やかしすぎずにしっかりと育てるのがポイントです。

 

尚、しつけをするだけでなく月に1回はトリミングをしたり毎日毛並みを整えることが大事です。

 

ボロニーズは散歩は好きですが、関節疾患になりやすいと言えます。注意してください。

 

 

ボロニーズの祖先

 

ボロニーズの歴史は意外と深いです。11世紀には、ボロニーズらしき犬の存在が確認されています。

 

尚、ボロニーズの祖先はマルチーズだと言うのが有力な説にもなっているのです。

 

ヨーロッパの上流階級で飼われていたりもしています。

 

エカテリーナ帝やマリア・テレジアなども愛犬にしていたという記録も残っているのです。

 

意外なことに哲学者であるアリストテレスもボロニーズについての記録があります。

 

ボロニーズは、日本でも人気があるビジョンフリーゼやハバニーズ、ローシェンなどとも密接に関わっているのです。

 

想像ですが、ボロニーズと祖先は一緒ではないかとも考えられています。

 

 

 

ボロニーズと言う犬は、小型犬らしく温厚で優しい性格をしている場合がほとんどです。

 

毎日毛並みを整えたりしつけを覚えさせたりして、可愛がってあげてください。

 

友好的に接してくれるので、しつけが上手くいけば立派な座敷犬として飼い主を和ませてくれるでしょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ボロニーズのしつけと性格関連ページ

プードル
プードルのしつけ方を紹介します。性格や飼いやすさなども合わせて紹介します。
チワワ
ちわわのしつけ方を紹介します。どのようにしつければよいのでしょうか?
シーズー
シーズーのしつけ方や育て方・性格などを紹介します。
パピヨン
パピヨンのしつけ方や性格などを紹介します。
フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグのしつけ方や性格などを紹介します。
マルチーズ
マルチーズのしつけ方や性格や育て方を紹介します。
パグ
パグのしつけ方や性格・育て方などを紹介します。
キャバリアキングチャールズスパニエル
キャバリアキングチャールズスパニエルのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
ペキニーズ
ペキニーズのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
狆のしつけ方や性格を紹介します。
ビションフリーゼ
ビションフリーゼのしつけ方や性格などを紹介します。
チャイニーズクレステッドドッグ
チャイニーズクレステッドドッグのしつけ方や性格を紹介します。
ブリュッセルグリフォン
ブリュッセルグリフォンのしつけ方や性格を紹介します。