パピヨン しつけ

パピヨンの性格

パピヨンはフランス語で蝶の名前の通り蝶のような耳が特徴です。

 

上品な毛が特徴で、優雅な感じがするのではないでしょうか?

 

一部の方では、パピヨンは性格が悪いとも言われています。

 

ゴージャスな雰囲気でありながら、散歩や運動が好きです。

 

しかし、やや神経質でナイーブなところがあります。

 

子犬の頃から甘やかしてしまうと、我儘で攻撃的な犬になってしまうことが多いです。

 

パピヨンは気難しい性格の犬と言えます。

 

飼い主のしつけレベルも上げる必要があるでしょう。

 

 

パピヨンのしつけ方

パピヨンのしつけ方ですが、見た目が可愛いので甘やかされがちです。

 

体も小さいので集合住宅向きの犬とも言えます。

 

子犬の頃から甘やかしてしまうと、「自分が強いから飼い主は何でも言うことを聞くんだ」とパピヨン自体が錯覚してしまうことが多いです。

 

アルファ・シンドロームと呼ばれる主導権を握ろうとするので注意が必要となります。

 

しつけ方としては、しつける時には厳しくしつけをしなければいけません。

 

パピヨンは健康管理はしやすい面がありますが、しつけなどを考えると初心者には向かないと考えた方がよいでしょう。

 

散歩は1日に20分程度、普通に歩く程度で構いません。

 

 

 

パピヨンの飼いやすさ

 

パピヨンは、初心者には飼いにくいと感じる場合があります。

 

ナイーブで神経質な性格が多いからです

 

甘やかしすぎないことが大事だと言えます。

 

愛情としつけのメリハリが大事なのです

 

パピヨンを飼う上で耳や胸や尻尾の毛の飾り気が絡みやすいと言う欠点があります。

 

スリッカーブラシなどで、ブラッシングして毛玉やもつれが出来ないように清潔にしてあげましょう

 

膝の脱臼なども珍しくありません。チワワ同様に頭の泉門が弱いという欠点があります。

 

パピヨンの成長過程で健康診断を行い早期発見を目指しましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

パピヨン関連ページ

プードル
プードルのしつけ方を紹介します。性格や飼いやすさなども合わせて紹介します。
チワワ
ちわわのしつけ方を紹介します。どのようにしつければよいのでしょうか?
シーズー
シーズーのしつけ方や育て方・性格などを紹介します。
フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグのしつけ方や性格などを紹介します。
マルチーズ
マルチーズのしつけ方や性格や育て方を紹介します。
パグ
パグのしつけ方や性格・育て方などを紹介します。
キャバリアキングチャールズスパニエル
キャバリアキングチャールズスパニエルのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
ペキニーズ
ペキニーズのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
狆のしつけ方や性格を紹介します。
ビションフリーゼ
ビションフリーゼのしつけ方や性格などを紹介します。
チャイニーズクレステッドドッグ
チャイニーズクレステッドドッグのしつけ方や性格を紹介します。
ブリュッセルグリフォン
ブリュッセルグリフォンのしつけ方や性格を紹介します。
ボロニーズ
ボロニーズのしつけや性格を紹介します。祖先はマルチーズとも言われていますが、どのようなしつけが有効なのでしょうか?