ビションフリーゼ しつけ

ビションフリーゼの性格

ビションフリーゼは、性格は感受性が豊かで、明るくて優しい犬種となります。

 

ビションフリーゼを見ていると、和むという飼い主も多いのではないでしょうか?

 

飼い主の喜怒哀楽を読む技術にも長けていて、上手く立ち回る場合も多々あるのです。

 

要領のよい性格と言えるでしょう。

 

綿のような毛を利用して、アフロヘアーのような髪型にしてしまう場合が多いと言えます。

 

 

ビションフリーゼのしつけ方

ビションフリーゼですが、綿毛の下は意外に思うかも知れませんが、筋肉質です。

 

若干ですが、太りやすい体型とも言えます。

 

散歩は、10分から20分程度の短い散歩を2回やるようにしてください。

 

しかし、雨の日などに毛が濡れてしまうと毛玉の原因になったりします。

 

雨天の日の散歩はやめておきましょう。

 

ビションフリーゼは、賢い犬でしつけなども飲み込みが早いです。

 

しかし、独立心も強いので、無理なしつけや訓練を強要すると無視されてしまいます。

 

しつけのポイントは、ビションフリーゼとの信頼関係を維持しながらしつけをすることです。

 

多くの犬と同じように、信頼関係がないと無視されたりもします。

 

気を付けてください。

 

 

 

ビションフリーゼの飼いやすさ

 

ビションフリーゼの飼いやすさですが、ブラッシングは毎日のようにしてください。

 

毎日ブラッシングをしていても、毛が絡まったりすることも少なくありません。

 

毛の手入れは、コームやスリッカーブラシを使って毎日のように行うことが大事です。

 

もちろん、定期的にトリミングに行くことも忘れてはいけません。

 

ビションフリーゼの場合は、抜け毛はそれほど、多くはないので、抜け毛対策よりも毛質を保つための維持が大事だと言えるでしょう。

 

 

 

ビションフリーゼとフランス

 

ビションフリーゼのちょっとした、豆知識です。

 

ビションフリーゼは、原産国はフランスになっています。

 

しかし、歴史を振り返ってみると、フランスが発祥ではないことが分かります。

 

元は、貿易大国であったイタリアにカナリア諸島からビションフリーゼを連れて来ました。

 

その後、フランスがイタリアに攻め込んだイタリア戦争の時にイタリアからフランスに移動していったようです。

 

ビションフリーゼは、カナリア諸島が発祥だと言う説が有力です。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

ビションフリーゼ関連ページ

プードル
プードルのしつけ方を紹介します。性格や飼いやすさなども合わせて紹介します。
チワワ
ちわわのしつけ方を紹介します。どのようにしつければよいのでしょうか?
シーズー
シーズーのしつけ方や育て方・性格などを紹介します。
パピヨン
パピヨンのしつけ方や性格などを紹介します。
フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグのしつけ方や性格などを紹介します。
マルチーズ
マルチーズのしつけ方や性格や育て方を紹介します。
パグ
パグのしつけ方や性格・育て方などを紹介します。
キャバリアキングチャールズスパニエル
キャバリアキングチャールズスパニエルのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
ペキニーズ
ペキニーズのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
狆のしつけ方や性格を紹介します。
チャイニーズクレステッドドッグ
チャイニーズクレステッドドッグのしつけ方や性格を紹介します。
ブリュッセルグリフォン
ブリュッセルグリフォンのしつけ方や性格を紹介します。
ボロニーズ
ボロニーズのしつけや性格を紹介します。祖先はマルチーズとも言われていますが、どのようなしつけが有効なのでしょうか?