ペキニーズ しつけ

ペキニーズの性格

ペキニーズは、ぬいぐるみのような毛に包まれた犬です。

 

愛情深く、優しい性格をしています。

 

活発な性格とは言えませんが、用心深く、警戒心も強いです。

 

さらに、見た目によらず頑固な性格をしています。

 

 

しつけなどの訓練も好きではない場合が多いです。

 

マイペースで、気ままな甘えん坊の性格とも言えます。

 

 

ペキニーズのしつけ方

 

ペキニーズですが、室内犬でいつもソファーなどの上でゆったりしていることが多いです。

 

しつけられること自体があまり好きではありません。

 

しつけ自体、あまり必要としないイメージもありますが、「オスワリ」「マテ」「ハウス」位の基本的な動作は出来るようにしたいところです。

 

子犬のうちに学習させてほしいと思います。

 

多芸を身に着けれるような積極的な犬ではありません。

 

ペキニーズに多くのことは望まない方がよいでしょう。

 

散歩については、1日に10分を2回程度の短時間で十分です。

 

 

 

ペキニーズの暑さ対策

 

ペキニーズには、暑さ対策が必要です。鼻が詰まっている関係で冬の寒さは問題ありませんが夏の暑さに弱いという欠点があります。

 

特に日本は、気候が高温多湿です。

 

エアコンが効いていない部屋や駐車場の車内の中でも熱中症になる可能性があります。

 

真夏の温度管理には十分に気をつけるようにしてください。

 

 

 

ペキニーズの病気

 

ペキニーズは、太りやすい体質です。そのことから食事と運動のバランスが悪いと肥満になってしまいます。

 

肥満になってしまうと、心臓疾患や椎間板ヘルニアなどの病気になってしまうこともあるのです。

 

他にも、顔のしわの周りに汚れがたまりやすいなどの欠点もあります。

 

顔周辺の汚れで、目やにや目の病気になりやすいです。

 

ペキニーズの食事の後には、顔を丁寧に拭いてあげてください。

 

ペット用のウェットティッシュや蒸しタオルなどを使うことも大事です。

 

 

 

ペキニーズの毛について

 

毛の手入れは、毎日のブラッシングをお勧めします。

 

毛玉防止や毛並みを整えることが大事です。

 

スリッカーブラシやコームなども上手く活用しましょう。

 

ペキニーズは、子犬の頃からブラッシングをして慣れさせておくと、後々、便利です。

 

病気にならないように、しっかりと可愛がり愛情を持って接してあげてくださいね。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

 

ペキニーズ関連ページ

プードル
プードルのしつけ方を紹介します。性格や飼いやすさなども合わせて紹介します。
チワワ
ちわわのしつけ方を紹介します。どのようにしつければよいのでしょうか?
シーズー
シーズーのしつけ方や育て方・性格などを紹介します。
パピヨン
パピヨンのしつけ方や性格などを紹介します。
フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグのしつけ方や性格などを紹介します。
マルチーズ
マルチーズのしつけ方や性格や育て方を紹介します。
パグ
パグのしつけ方や性格・育て方などを紹介します。
キャバリアキングチャールズスパニエル
キャバリアキングチャールズスパニエルのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
狆のしつけ方や性格を紹介します。
ビションフリーゼ
ビションフリーゼのしつけ方や性格などを紹介します。
チャイニーズクレステッドドッグ
チャイニーズクレステッドドッグのしつけ方や性格を紹介します。
ブリュッセルグリフォン
ブリュッセルグリフォンのしつけ方や性格を紹介します。
ボロニーズ
ボロニーズのしつけや性格を紹介します。祖先はマルチーズとも言われていますが、どのようなしつけが有効なのでしょうか?