キャバリアキングチャールズスパニエル しつけ

キャバリアキングチャールズスパニエルの性格

キャバリアキングチャールズスパニエルは、名前が長いですが、これが正式名称です。

 

トイ・ドックらしくとても優しくて穏やかな性格をしています。

 

誰にでも愛想を振りまくことから、社交的な犬の種類です。

 

年配者や子供でも思いやりを持って接することが出来ると言えます。

 

キャバリアキングチャールズスパニエルは、性格的に飼い主を信頼し愛そうとする健気さもあるので最高の家庭犬と最大限の評価をされる事もあるのです。

 

 

キャバリアキングチャールズスパニエルの飼いやすさ

キャバリアキングチャールズスパニエルの飼いやすさですが、性格が優しくて穏やかで社交的なので初心者でもお勧めできます。

 

毛がソフトで、軽いウェーブがかかっているのが特徴です。

 

キャバリアキングチャールズスパニエルの細かい毛がもつれないように、毎日、ブラッシングをしてあげることも大事だと言えます。

 

また、耳が垂れ耳なので、耳ダニなどのトラブルが発生しやすいです。

 

耳が黒く汚れていたり湿疹がないかなど健康状態にも気を使ってあげましょう。

 

キャバリアキングチャールズスパニエルの散歩では、それほど、長距離は必要ありませんが、外の世界で他の犬や人間と関わらせる事が大事です。

 

朝夕、20分程度の散歩を行い社交性を磨くようにしましょう。

 

 

 

キャバリアキングチャールズスパニエルのしつけ方

 

キャバリアキングチャールズスパニエルのしつけ方ですが、しつけの関しては性格的に温厚な性格なのでしつけやすい種類の犬になるかと思います

 

ただし、訓練自体が苦手と言うわけでもありませんが、すごく得意と言うわけではありません。

 

子犬の頃から、厳しさと愛情のバランスが大事だと言えるでしょう。

 

キャバリアキングチャールズスパニエルは、年齢を重ねると肥満体質になりやすいです。

 

若い時でも、食事のバランスが崩れると肥満になるので、散歩などは確実に行ってください。

 

肥満になってしまうと、皮膚疾患などの病気になったり、膝等にも影響が出やすいです。

 

キャバリアキングチャールズスパニエルは、理想の家庭犬と呼ばれています。

 

飼い方によっては、非常に素晴らしい家族の仲間となるのです。

 

しっかりと世話をしてあげましょう。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

キャバリアキングチャールズスパニエル関連ページ

プードル
プードルのしつけ方を紹介します。性格や飼いやすさなども合わせて紹介します。
チワワ
ちわわのしつけ方を紹介します。どのようにしつければよいのでしょうか?
シーズー
シーズーのしつけ方や育て方・性格などを紹介します。
パピヨン
パピヨンのしつけ方や性格などを紹介します。
フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグのしつけ方や性格などを紹介します。
マルチーズ
マルチーズのしつけ方や性格や育て方を紹介します。
パグ
パグのしつけ方や性格・育て方などを紹介します。
ペキニーズ
ペキニーズのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
狆のしつけ方や性格を紹介します。
ビションフリーゼ
ビションフリーゼのしつけ方や性格などを紹介します。
チャイニーズクレステッドドッグ
チャイニーズクレステッドドッグのしつけ方や性格を紹介します。
ブリュッセルグリフォン
ブリュッセルグリフォンのしつけ方や性格を紹介します。
ボロニーズ
ボロニーズのしつけや性格を紹介します。祖先はマルチーズとも言われていますが、どのようなしつけが有効なのでしょうか?