パグ しつけ

パグの性格

パグを見ていると、愛嬌のある顔と哀愁も入り乱れているような表情をしていると思ったことがないでしょうか?

 

人間も顔が性格に出ると言われますが、動物も顔に性格が出る物なのかも知れません。

 

パグと言うのは、友好的で感情表現が豊かな性格をしています。

 

喜怒哀楽が顔に出る感じもするのです。

 

パグが元気に振舞う姿を見ると、自分もパグに勇気付けられることも少なくありません。

 

パグと言うには、一回、飼ってしまうと病みつきになってしまい、パグの次もパグという方も多いです。

 

パグは性格などからも、長く付き合える犬といえるのではないかと思います。

 

 

パグの飼いやすさ

パグの飼いやすさを考えると、サイズ的には小型犬になるので飼いやすいかと思います。

 

しかし、鼻が詰まりやすく体温調整があまり得意ではありません。

 

このことから真夏の車の中や温度管理のされていない室内など、外でつなぎっぱなしなどは体温調整が苦手なことから熱中症にかかりやすいと言えます。

 

パグの健康のためにも、温度管理は必ず行うようにしてください。

 

鼻が詰まっているせいか、呼吸も荒くいびきも大きいと言えます。

 

顔のしわの部分に汚れがたまりやすく、常に清潔にしてあげないと皮膚の病気や目の病気、悪臭などの原因にもなるのです。

 

また、太りやすい体質なので1日10分でいいので、2回ほど散歩をしてあげましょう。

 

暑さには弱いですが、寒さに強い一面もあります。

 

 

 

パグのしつけ方

 

パグのしつけ方ですが、子犬の頃からのしつけが非常に大事になります。

 

学習能力が低いことはありませんが、訓練自体が得意ではありません。

 

子犬の頃から、食事の前に「オスワリ」「マテ」「フセ」などを身につけさせるとよいでしょう。

 

多くのパグが食事が大好きなので、覚えさえることが出来るのです。

 

パグは遊びが好きなことも多いので、遊ばせながらもしつけを同時に行うのも効果的と言えます。

 

パグのしつけに関しては、子犬の頃からの反復練習が大事だと言えるでしょう

 

本来は、皆が癒される犬の種類だと思っています。

 

面倒をしっかりと見てあげましょう。暑さ対策はしっかりとしてあげてください。

 




どんな犬でも効果的にしつける方法があることをご存じでしょうか?

カリスマ訓練士が犬のしつけ方を教えてくれるのです。

実践するだけで、あなたの愛犬の問題行動がなくなります。

カリスマ訓練士の犬のしつけ方をマスターしてください。

当サイトでもお勧めしている犬のしつけ方です。

パグ関連ページ

プードル
プードルのしつけ方を紹介します。性格や飼いやすさなども合わせて紹介します。
チワワ
ちわわのしつけ方を紹介します。どのようにしつければよいのでしょうか?
シーズー
シーズーのしつけ方や育て方・性格などを紹介します。
パピヨン
パピヨンのしつけ方や性格などを紹介します。
フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグのしつけ方や性格などを紹介します。
マルチーズ
マルチーズのしつけ方や性格や育て方を紹介します。
キャバリアキングチャールズスパニエル
キャバリアキングチャールズスパニエルのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
ペキニーズ
ペキニーズのしつけ方や性格・育て方を紹介します。
狆のしつけ方や性格を紹介します。
ビションフリーゼ
ビションフリーゼのしつけ方や性格などを紹介します。
チャイニーズクレステッドドッグ
チャイニーズクレステッドドッグのしつけ方や性格を紹介します。
ブリュッセルグリフォン
ブリュッセルグリフォンのしつけ方や性格を紹介します。
ボロニーズ
ボロニーズのしつけや性格を紹介します。祖先はマルチーズとも言われていますが、どのようなしつけが有効なのでしょうか?