犬のしつけ

犬のしつけ方【性格や子犬の育て方まで紹介します】

犬のしつけって、犬を飼う上ですごく重要ですよね。しつけ方によって、人間のとっても、犬にとっても幸せになります。出来るだけ早い時期に犬のしつけを行いましょう。

 

犬をしつけるのであれば、プロのしつけ方を学ばなくては行けません。

 

当サイトでお勧めの犬のしつけ方を紹介します。

 

当サイトお勧めの犬のしつけ方

 

当サイトお勧めの犬のしつけ方は、日本一のカリスマ訓練士である藤井聡さんの犬のしつけ方です。

 

どんな性格の犬でもしつけることが出来ます。

 

犬をしつけるには、犬の性格よりもしつけ方の方が大事だと言うことが分かはずです。

 

犬がいうことを聞かないのは、あなたのせいではありません。

 

効果的な犬のしつけ方が分かっていないのが問題なのです。

 

このことが良く分かると思います。

 

 

犬のしつけについて

 

犬のしつけを考えているのであれば、犬のしつけについてもっと詳しくなるべきです。さらに、犬が何を考えているのかを理解する必要があるでしょう。犬は、当たり前ですが、喋ってはくれません。飼い主であるあなたが、しっかりと犬の気持ちを読み取ってあげないといけないのです。犬が何を考えているのか、察してあげることも大事です。

 

犬と言うのは、種類によって性格が変わってきます。このことも理解する必要があるでしょう。犬と言うのは、喋りはしませんが、ボディランゲージや表情から読みとることも大事です。犬と言うのは、人と同じように寂しそうのしている時もあります。寂しそうな雰囲気の犬を見たことがないでしょうか?他にも、怯えている犬も見たことがあるかと思います。

 

犬と言うのは、よく観察しているとボディランゲージなどでかなり犬のことが分かってくるのです。家に帰ると尻尾を振って無邪気に来る時は、遊んで欲しい時です。一昔前ですが、犬には思考力がないと言う時代がもありました。言葉もないと言われた時代もありました。しかし、犬にも感情があるのは間違いありません。

 

しつけなどでも、犬の感情をよくくみ取ることが大事だと言えます。流石に、ムツゴロウさん位のレベルになれば大したものですが、多くの方はそのレベルに行くことが出来ません。もちろん、私もです。しかし、ペットと人間が快適に暮らすためにも、犬をよく観察してしつけることは大事だといえるでしょう。

 

 

犬の行動と感情表現

 

犬のしつけを考える上で重要になるのが、行動と感情表現です。それについて考えてみましょう。犬のご先祖様は狼だと言われています。狼と言うのは、多くの場合は、群れを作り団体行動をします。犬にもその習性が残っている分けです。犬をペットにする上で大事なのが、犬と家族になることです。

 

犬は生後3週間から12週間位の時に感受性が高いと言われています。この時期に人間とよく馴染むと人間の家族として受け入れることが出来るのです。同じように人間の子供も自分を取り巻く社会の一員として犬を受け入れることが出来るのです。

 

しかし、犬とのコミュニケーションと言うのは、思っているほど簡単ではありません。人間はよく犬を抱き締めたりします。しかし、犬同士の場合で考えれみると、そのような行為は交尾の時か喧嘩の時位しか行うことがないのです。犬の特徴として、仲間意識があります。

 

犬は新しい仲間を比較的受け入れやすいのと言えます。しかし、仲間選びは慎重にやらないといけません。犬にとってストレスになってはいけないわけです。この犬同士の仲間がいることで助かることもあります。例えば、人間だと犬を相手にしてやれない時があります。

 

犬だとそういう時が寂しくて仕方が無かったりもします。しかし、仲間の犬がいることで落ち着いていられることがあります。犬もコミュニケーションが上手い犬と下手な犬がいます。行動を見ていると分かる部分もあるかと思います。

 

一般的に、子犬時代の他の一緒に過ごした時期が長ければ長いほど、コミュニケーションは上達すると言われているのです。人間と同じで子供時代に他の人と過ごす時間は大事だと言うことになります。

 

 

 

人間と犬の社会について

 

犬にも社会があります。犬と言うのは、上下関係があるのです。犬の祖先である狼も明確な上下関係がありました。さらに、リーダーだけでなく犬によってポジションも決められていて、それに従い行動することで秩序を守っていた所があります。

 

犬と幸せに暮らすコツがあるのですが、犬が必ず一番下の身分にならないといけません。一番下の身分にならないと犬は幸せに暮らすことが出来ません。犬が人間を自分よりも上だということを喜んで認めることが出来て、人間の方も喜んで犬の世話が出来なければいけないのです。

 

犬と人間が上手く調和のとれた例で言うと、人間の子供が犬を指示する時です。力では犬の方が上でも、犬は子供を振りはらったりしません。人間の子供のいうこともよく聞きます。この状態と言うのは、犬のしつけではこういう状態を目指さないと行けません。これが犬にとっても人間にとっても幸せなことだと理解する必要があると言えるのです。

 

 

人間と犬の上下関係

 

犬には上下関係があると言うことは、お話しました。しつける上で重要なのは犬のしぐさなどでも判断することです。あなたの愛犬がおなかを見せているとします。味方によっては、お腹をさすって欲しいと思っている可能性もあるのです。

 

しかし、本来の意味は、服従を意味まします。おぼえておきたいのが、子犬の場合であれば生後6か月位で、成犬であれば2週間くらいで家の中での自分のポジションを決めるといいます。この時に、犬が一番下という身分が決定するのが犬にとっても一番幸せです。

 

あと、愛犬であれば散歩などの時でも、好きな場所に行かせてあげたいと思うのではないでしょうか?しかし、犬が好きな場所の連れて行くと言うのは、犬が物事を判断することになります。そのようなことになると、犬が人間よりも上だと考えてしまう場合もあるようです。

 

そうなると、犬自身も不幸になってしまいます。このように散歩だけ取っても、飼い主が決断することが大事になるのです。

 

 

 

犬の危険対策

 

犬のしつけと危険対策についてのお話です。犬と言うのは、危険シグナルを発することがあります。そのシグナルをいくつか説明したいと思います。

 

犬がよく大きな口を開けてあくびをするようなことがあるかと思うのです。犬も眠たいのかな?と思ったりする場合もあるのではないでしょうか?あくびをするというのは、今の状況に不都合を感じている場合が多いようです。

 

心に葛藤がある場合や何らかの不満がある場合もあるようです。他にも、犬が自分の鼻をぺろりと舐めるようなしぐさをする時があります。本来お腹を見せている時などは、服従の証なのですがこの場合は、何らかに恐れを抱いている場合が多いようです。

 

飼い主に対して、服従しながらも何らかの恐れを抱いていたりするのです。犬も精神的に何らかの危険なシグナルを発していることがあるので気をつけましょう。

 

 

 

犬に触る時に注意すること

 

犬と言うのは、触ると嫌がる部分もあるのです。一般的に尻尾を触られるのは嫌がります。

 

しかし、その他にも嫌がる部分はあるのです。基本的に背中と胸は触られるのに慣れているとされています。犬は背中と胸は特に触っても嫌がられないことが多いのです。

 

しかし、犬がオスワリした状態でお腹を触られるのは好きではありません。他にも、後ろ足の間も触られるのが好きではないのです。

 

犬も触られて嫌がる場所には、触らせようとはしません。嫌がるそぶりを見せるので、そのようなしぐさを見逃さないでください。犬を抱き締めるなどの行為もありますが、飼い主や家族であれば問題ありませんが、知らない人である場合は嫌そうなしぐさをすることがあります。

 

人によって、許せる許せないが犬にもあるのです。この辺りはチェックしておくべきでしょう。

 

 

 

犬と感情

 

犬も人間と同じように感情があります。思考に比べて感情はかなり働いています。犬であれば、飼い主が別の人と一緒にいると間に割り込んできたりもします。他にも、注目を集めようと構って欲しいというしぐさをすることがあるのです。あと、犬が飼い主の帰りを待つ場合があります。

 

しかし、待つしぐさをするのも、偶然、外を眺めているわけではなく、犬の中で直観が働くのか科学的にも分かっていない部分があるのです。犬には、人間にはない未知の能力が潜んでいるのかも知れませんね。

 

でも、基本的には飼い主と犬の関係が上手く言っていれば、飼い主が愛情を犬に注ぐことは非常に喜ぶのです。このことは忘れないでくださいね。